重複するメタデータを解決したい サーチコンソールでHTMLの改善する

ブログアクセスなど

こんにちは「ぐちゃねっと」のGabunomiです。

 

301リダイレクトでは必ず発生する

サーチコンソールで何気なく「HTMLの改善」をクリックしてみると「重複するメタデータ」の場所に改善しないさい!と出ているページ数がある。

 

いったいこのページの意味はなんだろうか?301リダイレクトをした時は必ず発生するし、意図しない場合にも出てしまう事がある。

 

この記事では写真も多く使って説明します。初心者の人は解決できるはずだから、最後まで読んで欲しい。

 

重複するメタデータとは

なんだ?時間のズレ?と思われるかもしれないが「クローラーが巡回した時」「あれ?以前のURLと変わっているぞ!」前の住所にも同じ「タイトル」の記事があるぞ!と判断される。

 

当然の事ながら、URLの変更で301設定をしているのだから「重複するメタデータ」が出ても問題はない。しかし「このURLが正規URLと判断されているか!」を確認する事が大切だ。

 

正規URLになっているかを確認

「旧サーチコンソール」よりも「新サーチコンソール」のほうがその確認はとても簡単にしやすい。

 

ただし1日で確認できるアドレス量は上限があるようだから記事数が多い場合には数日かけて行う必要がある。

 

 

確認で問題なければ気にしない?

画像を使って説明すると旧サーチコンソールを開いて

旧サーチコンソールのHTML改善を見る場所の画像

 

旧サーチコンソールの重複メタデータをクリックする画像

 

と、この画面にいけば重複のメタデータの数が見れるはず。

 

ここをクリックすると重複したページの内容とアドレスが記載されているので、旧サーチコンソールを開いたまま新サーチコンソールを別ページで立ち上げよう。

 

新サーチコンソールで簡単にチェックが出来る

新サーチコンソールに行き、URLの検査をクリックすると

新サーチコンソールでURL検査をする画像

 

新サーチコンソールでURLを入力する

 

すると画面一番上の、この部分が反転されるから、ここに重複のアドレスを入れて検索する。出来れば、移転前のURLの方が判りやすいと思う。

 

どんな結果がでるのか?

アドレスをいれて検索をすると…

リダイレクトなどの現在のURLの状況を教えてくれる

このような結果になった。この画像の意味は

 

  • URLがGoogleに登録されていない→旧アドレスはGoogleは登録していないよ!
  • この新URLはリダイレクトが設定されてあるね!
  • その旧URLはこれですよ(リダイレクト元URL)
  • そして新URLはここで、このURLにリダイレクトしているよ!
  • GoogleもこのURLが正規だと認識しているよ!

 

となっております。このことから、

 

旧URLは正常に新URLにリダイレクト(引越し)が完了していて、Googleも新URLが正規のものと認めているからね!

 

とありがたいお言葉をいただけております(笑)ですから「サーチコンソール」で重複のメタデータが出ていても、1ずつ検査をしていけば問題がないのか有るのかを理解することが出来ます。

 

タイトルタグの重複も同じように

個別のブログ記事のURLを変更すれば、同じようにタイトルタグの重複も出てくる。もっと上級者になれば私もしらないことの状況があるのかもしれないが、単純にURLの変更の場合は、重複するメタデータと同じことを指摘されているだけだ。

 

だから重複するメタデータ=タイトルタグの重複は同じ数になると思う。

 

クローラーとの時間のズレ

このことが冒頭で申し上げた、時間のズレによって発生する「HTMLの改善」と云う事になります。

 

すでにGoogleは正規URLと認識していてもサーチコンソールにはかなり長い期間にわたり、この改善の項目は消えません。

 

でも確認して問題なくリダイレクトと正規化が出来ているのであれば、何もすることはないので安心して運営をつづけましょう。

 

サーチコンソールは正しいURLなどを教えてくれる

記事内容が同じだけど…これどうなっているの?大丈夫?コピーじゃないよね?まったく同じなんだけど?301リダイレクト使って住所変更してくれた?と教えてくれる。

 

でも301リダイレクトを設定した場合には出ることは理解できた。でも何もしていないのに重複が出るときもある。そんな場合のケースも見ていこう!

 

記事を公開してURLを変更しただけでもなる

「私301リダイレクトもしていないし、住所変更もしてないよ!」でもなぜ重複するメタデータがHTMLの改善ページに出ているの?と思われる人もいるでしょう。

 

これは、例えばですが記事を書いて「https//example.com /12345」のアドレスで公開した

 

しかしカテゴリーなどを別けて出したかったのに上の住所で一度出してしまったから、直ぐに
「https//example.com /example」のように変更した。

 

そして忘れた頃に、

 

「https//example.com /12345」と
「https//example.com /example」は同じ内容ですね~。重複したメタデータだしタイトルタグの重複も起こっているよ!

 

と教えてくれるからです。こちらは単純にURLを設定せずに公開ボタンを押しただけなのですが、クローラーにはその情報がすぐに行くのでしょうか?

 

ちょっと私にはこのあたりの事情はわかりませんが、最初の頃にでてくる状況としてはこの問題が殆どだと思います。

 

記事のURLが重要でない場合は無視でOK

ブログを運営していると、上記のような間違いはしょっちゅうで、その都度301なんてしていたらどんどんとリダイレクト数が多くなります。この場合は無視をしてOKです。

 

時間が経てばクローラーも「あ!あのURLは必要ないのね!」と理解してくれます。しかし、ある程度の運営をした記事(例えば一番最初に記事を公開して3ヶ月が過ぎようとしている)

 

このような記事のURLはだんだんとアクセスが貰えるようになっているはずです。この場合には301リダイレクトをしないと、今まで培った個別記事のURLパワーも最初から始める事になります。

 

301とはページのパワー(歴史を引き継ぐ)から

ですから、新規に書いた記事であれば「ページのパワーはゼロ」な訳ですから、歴史を引き継ぐ必要もありません。ですから無視しておいて良いという結論です。

 

何度も言いますが、逆にパワーがある記事のURLを変更したい場合や歴史があるURLの場合はきちんと正確に301リダイレクトを設定するのがムダのないブログ運営になると思います。
ブログ運営の301リダイレクトは、いつまで設定しておくべきなの?
301リダイレクトは色々な方が技術的に細かく丁寧に説明をしてくれています。本記事ではもっと簡単な301の導入部を取り扱い、どんな意味と効果などを簡単に理解して頂けるように作成しました。初心者のには逆に理解してもらいやすいと思います。
ブログアクセス増加方法! カテゴリー別けをして見やすいように整理する それだけ
なかなかアクセスが伸びないと思われている人!記事のアドレス整理とカテゴリー別けを再構築しようと提案します。どんなに良い記事であっても良くわからないカテゴリーに分類されていると結局はクローラーが正しい評価をしてくれないと思える。これは読んでくださってる人にもしかりだ。

コメント

テキストのコピーはできません。