新型iPad mini 5 を簡単レビュー mini2を5年以上つかった結果から

iPad mini

本体の駆動はまだまだデーターの移行も伴いますが、付属品や細かいレビューを。

ホームボタンがアナログ式で気持ちが良い

ホームボタンがアナログ式なので安心感があります。現在のiPhoneは電子式というのでしょうか?電源が入っていれば擬似的にモーターでクリック感を出すのですが、電源OFFにした時はただの板状態のように固くなります。

 

 

 

 

それが私はしっくりしなかったのです。凄い技術だと思うのですがあまりボタン関係を電子デバイス化してしまうと動かなくなった時に、何もできませんから。

 

アナログ方式ではないのかもしれませんが、物理的にボタンが凹むというのは人間の感性のままで押していて気持ちが良いものです。

 

iPad mini5 はすごく軽いです

今まで使ってきたiPad mini2は330g程度の重さでしたが、今回購入したモデル256GBではなんと300.5gと公式HPで記載があります。

 

実際に持ってみても軽い。本当に軽い。軽いだけが良い訳ではないかもしれませんが、7.9インチに重さは厳禁、軽さ至上主義で良いですね。

 

寝落ちが出来る大きさと重さ

なぜ軽いと良いのか?またなぜiPad mini2を長年使ってきたのか・・・前回の記事でも書きましたが、乗り換えに失敗した?ようなものです。

 

ただ乗り換えに失敗だとしても現段階でも問題があるとすれば「HDD」の容量とCPUのパワー程度。

 

それ以外は快適に使えるiPad mini2ですが、どうしても周辺状況によりパワーなどが不足してきてました。仕方がないです。5年も経過してますから。

 

と話はずれこみましたが、iPad mini2は寝転びながらでもギリギリ使える大きさなのです。これが10インチモデルなどになると、とてもとても寝ながらでは使うことができません。

 

また寝転びながら使うことで、時折「寝落ち」も発生しますが手元から顔面にiPad mini2が落下してきてもギリギリ怪我をしない重量なのです!

 

このことから我が家ではiPad mini2はとても重宝されていました。皆様が思うようなお洒落な使い方ではなく、実用重視が結果的に買い替えを控えさせることとなったのです。

 

電源ゲーブルは 従来通りLightningケーブル

電源ケーブルは従来と同じLightningケーブルです。これも良かった。我が家のiPhone達もLightningケーブルなのですが、ここに新型だからといって最新ケーブルが入ると持ち物が増えるので助かりました。

 

 

最新式のiPhoneでは無接点の充電方式?なのでしょうか?持っていませんので詳しいことは知りませんが、同じケーブルで充電が出来るのは助かります。

 

イヤホンジャックが装備されていた

iPhoneではイヤホンジャックが廃止されていますが、iPad mini5ではイヤホンジャックが装備されています。

 

やはり外出に連れ出すモデルなのでイヤホンジャックがあると周囲に音の心配をしなくて良いので便利だと思いますが、我が家ではあまり使ったことがありません。

 

外泊先では皆でyoutubeをみて研究したり(スキー動画など)なので使う頻度は少なかったように思いますが、無いと有るでは選択肢が広がるので装備されていて良かったと思います。

 

 

マナーモードの切り替えスイッチが廃止されていた

iPad mini2では赤印の場所にマナーモード切替ボタンがあったんだけど、新型iPad mini5では廃止されていた。便利だったんだけどなぁ~

 

今は画面右端上から下に向けてフリックすれば、マナーモード切替画面が出てくる仕様になってます。

 

 

薄い薄い 本当にiPad mini5は薄い

iPad mini2は厚さは7.5mm 対して 新型iPad mini5は厚さ6.1mm

 

1.4mmの厚さの違いは歴然ですが、落としたりした場合の強度では薄いよりも分厚いほうが耐久力はあると思うけど、その分重いから同じことかも。

 

薄くなったおかげで片手でも持ちやすくなったと思います。と、ここまでが外見上のレビュー

 

5年前に購入したiPad mini2と同じシルバーにしたために、外見上ではあまり差異を感じることはありませんでした。というより無いといった方が良いかも?

 

不要な携帯などを送料無料で買取してもらえます

こちらの業者では不要な携帯やiPadなどを送料無料で買取してもらえます。WEBで機種を選べば「最低買取価格」が表示されるので、納得できれば申込をするだけです。

 

 

HPをみましたが、査定がすぐできるので簡単でしたよ!

実は最新のiPad mini5に搭載の「A12 Bionic」が凄い

iPad mini5にはiPhone XRやiPhone XS/XS Maxの3モデルに搭載されているA12チップが搭載されています。キャッチフレーズは“最もパワフルなチップ”と言われています。

 

このA12 BionicというCPUが携帯レベルでここまで進化するのか?という位に凄いのです。だから私もiPad mini2(CPUはA7)からすぐに買い替えました。

 

iPad mini4では正直触手はギリギリ動きませんでしたからね。次はこのA12 Bionicの可能性などを記事にしてみます。

 

 

新型ipad mini5 A12 Bionicでモーションアプリが日常になれば
今まではレッスンを受けたり、自分で動画を撮って考えてみたり、何度も繰り返しみて覚えたりしたことで「発見や気付き」があったりしました。しかし、A12 Bionicが搭載された新型ipad mini5などはアプリ開発さえ出来れば、あとは自分で自分を解析するだけになるのです。

 

iPad mini2 にiOS12をインスト 現役で使える実力とパワー 名機だわ
Appleの製品は息の長いサポートをしてくれているので大変ありがたい。ios12がiPad mini2でサポートされたので、新しいアプリもインストールが出来ますから、まだまだ現役で活躍できます。起動も速い!アプリもサクサク動きます。

 

コメント

テキストのコピーはできません。