スキー・スノーボード チューンナップに出したのにベースバーンになる理由 なぜ?

スキーメンテナンス

 

チューンナップに出したのに・・・

チューンナップに出した板でゲレンデを何日か滑りました。ソールを良く見るとエッジ周りが白くケバだっている・・・

 

おいおい!チューンナップに出したのになぜベースバーンが発生しているんだ(泣)とお嘆きの方も多いでしょう。

 

ショップではホットワックスをしてもらったのに

チューンナップに出せば

  • 滑走面のフラット
  • ベース・サイドエッジの調整
  • 小さなソール面のお手入れ

 

さらに

  • ホットワックス

をして頂けます。そうなのです。ホットワックスも料金の中に入って施工はして頂いております。

 

その証拠にチューニング後はホットワックスがされた状態で板の返却がされます。

 

ソールとエッジの保護目的が大部分です

ホットワックスが施工されていると、このままシーズンインしてシーズンアウトまで問題ないと思われている人もいます。

 

しかしチューニングショップで行うホットワックスとは

 

  • ソール保護とエッジの錆び防止

 

にするための意味合いが大部分でして、滑走性を上げるために、おこなっているとは思わないほうが良いです。

 

と言うのも、ソールをサンディングマシンなどにかけて、一皮剥くことをするのですが、そのままの状態が長くつづきますとソールが劣化してきます。

 

だからソールの劣化予防のためにホットワックスをします。またお客さんがいつ板を使うのか判らないのでそのままの状態で返却するのが通例です。

 

初心者の場合だと勘違いしやすい

しかし初心者だとチューニングに出したのですから、シーズンアウトまで何もしなくてもワンシーズンは持つと勘違いしてしまうことも事実あると思います。

 

だからそのまま使い続けて、気が付けばベースバーンになっていた・・・

 

陥りやすいと思います。

 

殆どが1回のホットワックス作業です

チューンショップに出しても、ホットワックスの回数は1回がほとんどです。まれに何回もホットワックスをしてくれるようなショップもありますが、やはりオプション料金です。

 

そしてワックスは一番柔らかい作業性の良いもので行われることがほとんどでしょう。

 

もし仮に硬い頑丈なワックス(ガリウム グリーンなど)を施工したとしても、一度ではベースバーンは防ぐことは出来ません。

 

私もシーズン中は何どもホットワックス作業に追われますが、仕方がないのです。

 

まとめ

チューニングに出せばベースバーンを治すことは出来ますが、防ぐことは日々のホットワックスしか方法はありません。

 

またワックスフューチャーで施工してもらっても、ワックスの浸透率が大幅にUPしているだけで、ベースバーンを防ぐようなワクシングではありません。

 

何回も硬いワックスを浸透させるしかベースバーンを防ぐ方法はないということです。

コメント

テキストのコピーはできません。