スキーブーツはシーズン前に選ぼう!痛みも○×があるから最低30分は試したい

スキーメンテナンス

今回は良い痛みがあるブーツと悪い痛みの問題点を記載できれば・・と思います。

良い痛みが出るスキーブーツを選ぶには

良い痛みと云うと変ですが・・スキーブーツには

○「我慢できる痛み」=良い痛み
×「操作に支障が出る痛み」=悪い痛み

とここではさせて頂きます。

 

できるだけ良い痛みのブーツを選びたいものですが皆様が気にする

・サイズ選び
・ラスト幅
・フレックス

も大切なのですがもっと根本的に必要なことがあります。

フィーリングが良いなと思ったブーツは店内で最低30分は履く

シーズン直前の休日にスキーブーツを購入しにいくのは得策ではありません。何度も試し履きをしなければ中々自分にあうな!と思うブーツに出会うことも出来ません。

 

結構手間が掛かるのがスキーブーツの選び方です

初心者必見!スキーブーツはオススメで選ぶと失敗します!ちょっとキツメを選ぶ
スキーブーツの選び方は難しいです。初級者であれば尚更で「比較対象物」がないからです。この記事だけではお伝えできませんが、まずはちょっとキツメかな?と思うブーツの選別方法を記事にしてみました

 

ましてやスキー熱が上がりだす12月頃からショップに行くと・・お客さんが店内に多くなり、試し履きもなかなか出来ない場合があるからです。

 

というのも、先ほどリンクでご説明した手順を踏んだ上で

これが足にあうモデルかも・・?と思えたモデルを最低30分は履かないといけません

30分履けば色々見えてきます

 

・局所的に痛くなる部分があったり
・キツイモデルは足が痺れたり
・親指が痛かったり
・くるぶしが痛かったり

でもスキー初級者の方に言いますと、まったく痛くないブーツはなかなか出会えません・・

 

初級者だから痛くないブーツに出会えないのでなく、残念なことに、どこかしら痛いものがスキーブーツでもあります。そのためにスキーショップではシェル出しや削りというサービスも有る位です・・

初心者はスキーブーツ購入前にレンタルを何度か試す方が、良い物を選べるよ
しかし何度かスキーをすると「あれ?ブーツの中で足が動く・・」などが判断というか理解出来てきます。スキーという道具の中で1番大切なものだと思いますが、中々自分に合うブーツが見つけられないのもスキーブーツという商品

良い痛みのスキーブーツとは

「我慢できる痛み」=良い痛み

ですが、足全体が万遍なく締め付けられている状態を言います。

 

どこか局所的に痛くなる場合は店員さんに質問してみましょう。

質問内容は「この場所は削ったり・シェル出しが可能な場所ですか?」と聞けばOKです。マニアックに聞かなくても「調整可能ですか?」でも良いと思います

というのも痛む場所によっては、何も対処ができない部分もあるので1人で判断することはヤメておきましょう。

悪い痛みのスキーブーツとは

「操作に支障が出る痛み」=悪い痛み

反対に悪い場合は判断は簡単です

 

足型やふくらはぎの形や筋肉によっても違うのですが・・

・スネが痛い・・
・足の甲が痛い・・

こう感じたブーツはやめておく方が得策です。

スネが痛いスキーブーツは調整できない

スネが痛い場合のスキーブーツは、一般的には調整が殆どできません・・というか出来ません。

 

もし最初に履いたフィーリングでスネがズンズンと痛み出すようなモデルは早々に見切りを付けて、違うモデルを試す方が良いと思います。

足の甲が痛いモデルも難しい

スキーブーツは足の高さ、いわゆる甲の部分をインソールで変化させている場合が殆どです。

言葉で説明し難いのですが

・高さ方向の大きさはインナーで変化させている
・実は25cmと25.5cmはインナーでサイズの変化をしているだけ
・シェルと言われる「本体」は25cmも25.5cmも同じもの

全てのメーカーが同じとは一概に言えませんが、基本的にはこの考えで大丈夫です

 

ですから足の甲が痛い場合には

サイズUPをするのが良いのですが、サイズUPをしてしまうと今度は長さ方向がブカブカになってしまう可能性が高くなります。

 

1度、サイズUPを試し履きをすることをお奨めをしますが、大抵、足の甲が痛いな・・と思うモデルはサイズを変えても「しっくり」来ることは余り無いと思います。

 

店内30分は短い スキー場では長時間ブーツを履くから

良いな!?コレ!と思ったスキーブーツも店内で30分履くことをお奨めしました。

 

当然なのですが「結構長い時間だな・・」と思われた方もいるはずです。

しかし一度ゲレンデに行けば30分どころでは済みません。大好きになればそれこそ、朝から終わりまで、楽しく滑ることも多々出てきます

そんな時に「スキーブーツが痛い・・」となって欲しく無いわけで・・

 

上級者もスキーブーツはコツコツを仕上げています

初心者の方には「え?そうなの?」と思うかもしれませんが

上級者の方はコツコツと調整をしながら自分の足の合うスキーブーツに仕上げています

調整が出来る場所であれば、まだマシです。

というよりも

・コツコツと履いては脱いで
・脱いでは履いてを繰り返し自宅でしています

とてもシュールな場面です。大の大人が脱いでは履いてを繰り返し行います。

 

とても面倒ですが、初心者の人は始めて聞く言葉だったのではないでしょうか?まさか上手い人だと思ってたあの人が、そんな事をしていたなんて・・と思って当然です

 

インソールにシールを貼ったりチューニングをしています

そして痛みが出やすい場所を把握しながら購入店や専門ショップに相談してみたり・・

 

はてはインソールに自分でテープを貼ってみたり色々楽しみながら調整しているのでした

だから上級者も結構痛みと勝負のシーズンもあります。新しくブーツを購入した場合はまたイチからコツコツですから・・

年齢によって、関節というか骨も成長もすれば退化もします。

1度バッチリ決まった!と思っても長くは続きません。以外でしたでしょうか?

 

選びなれている人でもスキーブーツは難しい

言いたいことは、スキーブーツを選び慣れた人でも頑張っているから初心者の人も理解してね!ではありません!

 

それだけスキーブーツ選びは難しいので最低でも店内で30分は履いて欲しいということ。

また店内で30分履くためには

・シーズン前のお客さんが少ない時期を狙う
・イベントが開催されない時を狙う
・店内在庫が多いお店に足を運ぶ

出来る状況の人・地域性によっても変わりますので、これが絶対とは言えませんが

失敗しないスキーブーツ選びのお役に立てれればと思い記事にしてみました。

コメント

テキストのコピーはできません。