スキー・スノボ 「夏の間にソールを仕上げろ!」ホットワックスは楽しいよ

こんにちは「ぐちゃねっと」のGabunomiです。

題しましてホットワックスは「夏の間にソールを仕上げろ!」です。

ここで言う「夏の間に仕上げる」とはソール素材にこれでもか!と言う位ワックスを浸透させる方法です。

  • ひとつは、電気代も掛からない簡単な方法
  • もうひとつは、少しだけ出費とDIYを伴う方法があります。

最後までぜひご覧になってください。DIYの方は場所もお金も掛かってしまいますが、全期間を通して安定したホットワックスを約束してくれますので、別記事でご紹介させて頂きます。

自作WAX FUTURE(ワックス・フューチャー)が欲しい。ホットワックスを沢山してレースに勝ちたい。アイロンでホットワックスも良いけどサーモボックスを作った事で簡単にWAXが液状化します。温める過程だけでなく冷める過程でワックスは浸透すると考えている

スポンサーリンク

スキー・スノボの電気代も不要 ホットワックスの方法 夏はサマーワクシングが最適

ホットワックスと言えばシーズンインする前から施工される方や、ハイシーズンになってから施工する方も多いと思います。

しかし寒い時期にホットワックスをすると、手がかじかみますし、ワックスも解けにくい上に、板は中々温まらないのが実情です。

アイロンで大切な板を焼いてしまう

無理に板を温めようとアイロン温度を上げすぎてしまい板を焼いてしまった!そんな方も居るのではないでしょうか?

体で感じているように、実は冬のハイシーズンが一番ホットワックスの施工が難しい時期になります。

ですから冬のハイシーズンにするのではなく、暑い夏にホットワックスを施工しましょう!というご提案です。

夏の間にホットワックスを施工すればワックスをソールに浸透させるのが本当に楽で良いと思います。夏のワクシング いわゆる、「サマーワクシング」実はメリットが一杯です。

  • 既に板が温かい
  • ワックスが低温(アイロン温度)でも直ぐ溶ける。
  • なかなか板が冷えないので、ワックスがじっくりと浸透する。
  • 夏にホットワックスをする事でエッジを錆から守る

これだけでもメリット満載なんですが、寒い冬とは違い、暑い夏は特に自分が何もしなくても太陽の熱が勝手にホットワックスをしてくれます。それでは方法を書きます。

ワックスを塗り付け 車内にスキー・スノボを放置 勝手にワックスが溶ける

車内でホットワックスをしている

いきなりですが、題名そのままです。(ワックスが溶けていない写真ですみません)

ずばり、「車の中に板を放置する」 放置の仕方は板を車の車内に水平になるように設置して放置するだけです。

夏の車内は60度程度になる

ここではガリウムを使用しておりますが、皆様が愛用されているメーカーの一番柔らかいワックスを使ってください。

必ずソール面にはガリウムのピンクのワックスを一杯生塗りしてあげて下さい。生塗りとはワックスの塊をそのままソールにゴシゴシとして塗ってあげる方法です。

そしてそのまま放置します。夏の車内は気温60度程度まで上がります。ガリウムのピンクならトロトロに溶けてくれます。(上の写真はイメージですのでWAXは溶けてませんが)

簡単でしょ。ワックスが垂れてくるので車内を汚したくない方はブルーシートは必須です。ワックスが切れてきたなぁ~と思えばヌリヌリしてください。これを何日かします。

違う写真で恐縮ですが、こんな風にソールから出てきた気泡が見えるようになります。確実にワックスがソールに浸透しております。

ソールの中の微細な空気が熱さにより膨張しワックスと置き換わった証拠だと私は考えております。

気泡が出てきたスキーソール

屋上・ベランダ・家先に放置 太陽熱でワックスを溶かす

これも簡単です。屋上やベランダに板が水平になるように設置してワックスを塗って放置します。本当にこれだけですが、家先などは盗難のおそれもありますのでお気をつけください。

太陽熱で熱しホットワックスをしているスキーソール

この日は暑かったから、あっという間に溶け出しました。サマーワクシングやプレヒートボックスでは必ずガリウムのピンクからワックス浸透を始めて下さい。

小さなワックスも販売されてますが、PROパックが一番使いやすいですし初期投資は要りますが1回買えば多分3シーズン位十分に持つと思います。

ピンクで十分にワックスを浸透させてから、バイオレット以上のワックスの施工をお願い致します。

ホットワックスは何回すれば良のか?

私は「もうこれ以上ワックス入らない・・・。」と判断できたら次に移行しております。そして、ワックスの順番や回数などはどの様に決めているのか?などを次に書いておきたいと思います。

スキー・スノボのホットワックスの順番と回数

ここでは、ガリウムを例に取りまして説明したいと思います。私はガリウムかSWIXをつかっておりますが、ここ最近はガリウムのみで施工しております。なぜかと言いますと

  • どこでも手に入る
  • お得な大型パックがある
  • ピンク・バイオレット・ブルー・グリーンと温度帯がいい感じで分かれている
  • グリーンのワックスは硬く施工は辛い
  • しかしグリーンはどんなゲレンデコンディションでも滑走性が安定している
  • 結構安い(これ一番重要)

というのが大きな理由です。家族の分も含めますと4セット(8本)が最低ありますから消費量は単純にスキー1セットの4倍です。そこは大いなる「知恵」をしぼり施工しております。

ワックスの順番は一番柔らかいものから

まずはワックスの順番です。皆様もメーカー様のHPなどで見ておられるように温度帯が高い(アイロンの温度が低くても溶けやすいワックスから)温度帯が低いワックスを施工していきます。

具体的にピンクから始まり順番にグリーンまでです。

何回位するのか?は「気が済むまで」と言いたい訳ですがサマーワクシングやヒートボックスを使っていると、「もうこれ以上ワックス入らない・・・」と判断できる事があります。

プレヒートボックスで気泡が

それはどいう事か?

「ソールから気泡が出てこなくなる」or「ソールから気泡は出てるがかなり少なくなった」

多分、サマーワクシングやプレヒートボックスでホットワックスをされた事が無い方はソールから気泡が出てくると云うのは見たことがないので信じられないかと思います。

しかし、写真で見て頂いたように実際には無数の気泡が出てきますので楽しんで施工してください。「気泡が出ない・少なくなった」こうなれば後は本人の気持ち次第です。

もう少し施工してみて変わらないなと思えば、次の温度帯に移行してください。たいていは、ピンクを4回位施工しますとソールから出る気泡がかなり少なくなります

そして屋外の施工時間ですが、1回につき2時間位を目処に施工してあげてください。私は正直言いまして「放置プレー」ですが自己責任で(笑)

でも最初の1回目のサマーワクシングではワックスはこまめに継ぎ足してください。新品の板やチューニングから帰ってきた板にはソール内にワックス成分が入っておりませんので小まめにワックスを足してあげる事は重要です。

ワックスが切れると板に良い事ありませんから。その為のガリウムPROパックです。

違う温度帯のワックスを施工する前に

先ほどお伝えしましたようにピンク一色でのサマーワクシングやヒートボックス施工などの場合、ソールから気泡が出てこない・もしくは少なくなったら次の温度帯に移行すると言うのはご理解して頂いたと思います。

でもちょっと待てよ?ワックス一度もスクレイプせずに取ってないのか?その辺どうなんだ?とお声が聞こえてきそうです。

その通りです。私はスクレーピング(同色のワックスの場合は剥ぎ取る作業をしません)正確には剥ぎ取るのは「違う温度帯に行く時」だけです。これは冬場のハイシーズンでも変わりません。

スクレイピングをしない理由

どういう事かと申しますと「ガリウム ピンク」を例で答えさせていただきます。

  • ピンクでサマーワクシングや冬場のプレヒート施工をする。
  • ソールから気泡が出てくる。
  • 何回か施工すると気泡が出なくなる・少なくなる。
  • 次の温度帯のガリウムピンクからガリウムバイオレットに移行する。
  • バイオレット(違う色)を施工する前に、スクレイピング→ブラッシングをする。

メーカー様のHPにはホットワックス毎にスクレイピング→ブラッシングと記載があったりしますが、毎回4セットをホットワックス→スクレイピング→ブラッシングをしていたら、体力的にもコスト的にも私は割りに合わないと考えております。

先にも申しましたように、これが大いなる「知恵」の正体です。家族4セットの施工ですのでワックスも勿体無いですしね。

これで今までなんら支障があった事はありませんしワックスの節約にもなっております。

如何でしょうか?サマーワクシングの魅力。楽ですよ。最後までお読み下さり有難うございました。

夏と云えば「ワンダックスワン」太陽光で簡単にガラスコーティングがDIY出来る優れものです

この「ワンダックスワン」を施工してあげると、簡単にガラスコーティングが出来てしまうという優れもの。他社もガラスコートが出来る商品もあるのを知ってますが私が使った中で一番ガラスコートになっていると感ている。簡単な水洗いだけで十分に綺麗になる

テキストのコピーはできません。