スキー検定 1級・2級バッジテスト合格レベルを簡単に書きました まったくの予想です

ホットワックス

こんにちは「ぐちゃねっと」のGabunomiです。

 

基礎スキーっていうものに、検定テストがあります。この記事は検定合格レベルの程度について簡単に書いてみます。1・2級のバッジテストを受けてみようと思うひとのお役に立てば。

 

スキーバッジテスト 1級や2級を目指す人に

スキーって最初は立つのもヨチヨチで、生まれたばかりの子羊のように見える人もいます。しかし、あれよあれよと云う間に、滑れるようになるのもスキーです。

 

でも、滑れるようになっただけで、滑走というには程遠い。

 

ゲレンデで滑走している上手い人をリフト上から見ると「あんな風になれたら・・・」と思いながら練習やレジャーとして楽しんでいる人も多いと思います。

 

冒頭でも述べたように、この記事は検定対策の記事ではありません。1・2級を取得した後の気持ちなどを書いております。

 

バッジテスト2級を目指す

最初は怖かったスキーも操作がだんだんと出来るようになると、どんどんと技術志向が高まる人が出てきます。

 

そこで腕試しにスキー検定を受けてみようと思う人が出てきますが、しっかりと練習をすれば滑走日数は20日前後で取得できると思います。

 

雪無し県であれば2年程?

雪あり県であれば初年度にも合格できるかもしれません。

 

一番注意する点は「シュテムターン」でしょう。あと、大回りで体がすぐにターン方向に回転(向かない)ように気をつけてください。

 

ゆっくりと板に体重が乗せれるようにしていけば大丈夫だと思います。

 

2級バッジテストを合格してからの気持ち

多分、多くの合格した人がこの程度の腕前で2級なのか?と少し心配するかもしれません。検定内容で言えば、

 

  • シュテムターン
  • 基礎小回り
  • 基礎大回り

 

と三種目です。しかしスキーを初めて履いた日を思い出してください。恐ろしい程の上達をしていると実感するはずです。

 

ここで終わるのか?まだ上を目指すのか?となります。1級は2級と比べても「遥かに難しい」と考えて下さい。

 

1級バッジテストを目指す人へ

2級バッジテストまでは、自己流でも合格できる人は多いと思います。しかし1級になると自己流では難しい人も出てきますが、センスだけでも1級には合格できます。

 

いやテクニカルもクラウンも多分、センスだけでいけると思います。

 

センスというのは、自己分析が出来る人のこと。自分の滑りが滑っている最中に「頭の中で、前方から見ているような感覚が持てる人」

 

などは多分大丈夫だと思います。えらそうに書いちゃったけど、これゴルフでも当てはまるんですよ。ゴルフも70台に独学で3年でできました。(現在はあきてしてませんが)

 

ゴルフ練習方法も、また記事にしてみます。

 

コブ斜面が大好きな人はおそらく簡単だと

整地が大好きで、コブを見ると「難しそう」「怖そう」「また今度にする」と思っている人は、1級バッジテストでの合格はかなりの練習量が必要だと勝手にですが思います。

 

逆にコブが大好きで、転倒してしまうけど、ある程度滑れるようになった時から「コブ」に挑戦してきた人は1級バッジテストは比較的簡単だと思います。

 

検定種目に不整地があるから、コブ斜面が滑れる人は簡単だといっている訳ではないのです。確かに滑れる人と、無理な人ではアドバンテージは違いますが、本当の理由は下に書いています。

 

理由は正しいポジションをコブが教えてくれるから

理由は簡単です。スクールに入らなくても「コブ」は正しいスキーのポジションやエッジの付け方、外し方・スキーのソール面を上手く使う事を教えてくれるからです。

 

またコブ斜面では密脚(両足のスキーを揃えて操作すること)も余儀なくされます。それに体をいつもフォールライン(下方向)に向けないと、コブを正しくすべる事ができません。

 

とここまで書きましたが、私は技術的な細かい事を書くのは苦手です。滑りをみて修正するのは出来るのですが、文字ではむつかしい。(ゴルフ記事なら書けると思います)

 

ハウツー(誰がしても出来るワックスなど)は色々記事にはできるのですが、座学的に書く事が苦手なので、youtubeなどで勉強してください。

 

だから外向傾だとか、ポジションをこうすれば?と言えるほどの、足前と頭は御座いません。(とはいいつつ、私も一応1級です^^;)

 

ただ、整地からは絶対に「教えてくれない、教えてもらえないポジション」をコブを滑ることで、強制的に、コブから彼方に教え矯正してくれます。

 

最初にコブに入っても、コブを1つもクリアできないということを悲観すべきではありません。

 

コブでは体重移動・エッジ使い・ソール面の使いかた(ズレ)・股関節・骨盤・後傾矯正・ストックワーク・吸収動作など、どれか1つでも出来ないと「直ぐに弾きだされます」

 

最初は簡単そうな基礎コブを見つけて「何度も何度も」練習してください。簡単そうなコブの探しかたは、コブ斜面の一番下に出来る、ちょっとした山をコブと見立てて何度も何度も板を外して歩いて上がるくらい、練習してください。

 

1級に合格してからの気持ち

自分の事ですが、嬉しかったといえばうれしかったけど、絶対に合格できると思っていたから、良かったという気持ちのほうが多かったです。それより今シーズンに子供が1級になれたことが嬉しいです。

 

2級も1級も1発合格ですし、スクールに入ったことなんて一度もなく私が先生という位置づけで教えていたわけですから、合格できた時は自分以上に嬉しかったです。

 

でもそんなことよりもスキー場ではもっと大切なことがあります。子供にも毎回毎回言います。

 

1級だからって偉そうにならない

ゲレンデを見渡すと、上手な人は「滑走スピード」が速い。そして人をあたかもパイロンやポールのように見立てて、直ぐキワを通り抜けるひとも多い。

 

スキーだけでなく、混雑しているなかでの突然のグラトリなども…ぜひお願いです。状況を見てやって頂きたい。スキーも1級や2級程度で「上手くなった!」など思わないでください。

 

本当の上級者は周りの安全を確保しながらも、初心者や中級者に配慮しつつ、自分も楽しく滑ることです。べつに初心者にそれを求めるつもりは毛頭ありません。

 

自分でコントロールさえもままならないのですから、自分の事だけを考えて頑張って下さい。周りの状況なんて見る余裕もないのですから。

 

流れを乱さず、流れを読んで、人も自分も楽しむ。それこそが技術以前の事よりも私は本当の上級者だと思います。

 

プロの自動車レーサーが運転が上手いからって言って

 

  • 高速道路で他車をパイロンのように抜きますか?遅い!あいつ下手だ!と思って高速道路でドリフトターンでインを攻めますか?

 

しないですよね。自制しますよね。そして周りの安全も考えますよね?私はこれが本当の上級者だと本気で思っている自分の価値観です。

 

練習なんて初心者の緩い斜面で練習する方が「上級者コース」で練習するよりも圧倒的に難しいのです。全部もろに悪い所がでますから。

 

でも1級ってどんなレベルなの?

正直ピンキリです。ゲレンデを滑っていても「上手いなぁ~」と思う人もいれば、本当に1級なの?って人もいます。(バッジ保持者と知っていればという前提でお願いしますね)

 

コブ斜面が検定時にはなくて、不整地(モコモコバーン)で合格した人は、コブ斜面を練習していなければ、整地とは別人のような滑りにもなります。

 

私自身も、35度程度のコブでは、ゆっくりと1つづつをそれっぽくは滑れますが、モーグラーさんのように颯爽と滑ることはできません。モーグラーさんは私の憧れの存在です

 

だからそんな斜面でコブを練習するよりも25度程度のコブを色々な技術で滑ることを勉強してますが、一杯こけます。先落としをすればトップがコブの底に引っ掛かって前転でぶっ飛ぶなど。

 

滅茶苦茶怖いです。でも練習しないと出来ません。その点、子供は本当に凄いですね。縦目のライン・バンク滑り・先落とし・モーグル系の滑りなど、楽しんでやっていて、もう私は追いつけない。

 

全部やり方を見せて動作原理を教えすべりのワンシーンを見せれば、後は全部自分の物にして、自分で開発していく。(私は出来ないのに本気で凄い・・・)

 

もうお父さんお母さん、追いつけません。前にも書いたけど速過ぎて、コブの下で待たれるしね(笑)

 

また級をもってなくても(検定に興味がない人)でも滅茶苦茶上手い人も沢山います。正直1級だから、2級だから、プライズだからってよりはそんなの関係ないです。

 

スキー1級バッジテストを合格するレベル(自論ですが)

まだ受験をしていない人にとって1級といえば遥かに遠い存在だと思いますが、私の勝手な自論ですが、1級レベルの本質的な合格ラインでいえば

 

  • やっとスキー道具の使いかたの意味が判ってきたレベル(踏む・抜く・蹴るなど)
  • 腰の位置関係や膝とスキー板の向き関係を理解してきたレベル
  • スキーのトップからテールまでをなんとなく上手く使えてきたレベル
  • カービングがそこそこ出来るようになったレベル
  • 止めるエッジと加速するエッジがわかってきたレベル
  • ブレーキはエッジだけでなく、ソールによる雪面(圧)も使えると理解してきたレベル
  • 谷方向に絶えず体を向けて、スキーから体が遅れないような動作が出来てきたレベル
  • やっとポジションの大切さがわかって来たレベル
  • ブーツの中で足裏感覚がわかってきたレベル
  • ブーツ内での体重移動(加重)がターン中に前後に動かせるようになってきたレベル
  • なんとか中斜面(30度位まで)の基礎コブをそれっぽく滑れるレベル
  • モーグルコブのようなピッチの短いコブには悪戦苦闘なレベル

 

とそのように私自身のことでもありますが、その程度です。だから凄いなんて自分で思ったこともありません。上記に書いたことが出来てくれば1級はすぐ合格できると思います。

 

この書いたことを全部強制的に修正してくれるのがコブ斜面です。でもなかなかコブは難しいですよね。

 

なので、1級レベルはカービングの練習よりも横滑りを徹底的に練習すると技術の向上が目覚ましく伸びると思いますので、次回は横滑りの練習方法を書いてみます。

 

ただ、スキーの練習記事は、次の記事で辞めておきます。下手糞が言ってもご迷惑をかけてもいけませんので。上手な人からすると「??」こいつ何言ってんだ?とお叱りを受けそうですが、お許しくださいね。

 

参考になったかな?程度に思いながらも練習をしてもらえば、かなり役に立ちますよ。コブでも整地でも。横滑りの練習方法は。

 

では。

 

1級スキーバッジテスト対策 横滑り・コブ練習でお悩みの方に 真下に滑る練習を
スキーバッジテスト1級の横滑り練習方法です。練習方法はどんなものでも簡単なことから始めるのが一番良いと思われますが、横滑りでは一番難しい方法から始めるほうが、一番簡単に習得できると思います。なぜか?動きが静的な動作だからです。だから頭でっかちになる種目。簡単にできますよ

 

スキースノボーのシーズンが終わる プライズやバッジテストに励んだ人も悲いよね
こんにちは「ぐちゃねっと」のGabunomiです。 2018・2019年シーズンの終わりの早さ... 今年は例年以上にシーズンの終わりが速すぎる。本当に暖冬で2月のハイシーズンでも3月中旬のような暖かさが目立った。 ...

コメント

テキストのコピーはできません。