株価上昇に喜び大暴落を願う自分がいる 長期投資には底値が必要だ

投資関係

 

こんにちは「ぐちゃねっと」のGabunomiです。

 

株価の上昇によってキャピタルゲインによる売買利益が生まれる訳だから本当は喜ばしい事なはずだ。

 

しかし一方で「本当はもっと暴落しろと願う」人が居るのもまた事実。可笑しな事にこれは同一人物の中でも起こりえる葛藤でもある。

 

株の投資方法 短期と長期で考えが変わる

 

短期で売買を考える人にとって、キャピタルゲイン(売買益)はとても重要であり喜ばしい限りの事である。

 

しかし、長期で考える人は株価上昇による「キャピタルゲイン」も嬉しいのも事実だが、安く株を購入出来ない事に苛立ちも発生させる。不思議な事にこれは事実なのである。

 

長期保有を考え実践している人は、株価上昇は嬉しいのだが素直に喜べない。嬉しいのだが実の所はもっと長く株価が低迷して欲しいと願う人も居る。

 

この考えは当然だろうと思う。長期保有を決め込んだら自分が買った株価よりも安く買える現在の株価を本当は喜ばなければならない。というよりそれが長期保有者の本当の目線だ。

 

購入価格よりも下落したら喜ぶ

多分、長期保有を決め込んだ人はこの意味を理解してくれる。売る気が無い会社の株を買ったのだから売らない。

 

売らない株なのだから株価が安い方が良い。そうすると結果的に同じ購入金額であっても自己保有株式を大きくする事ができる。

 

そして無理な資金調達や資産管理をせずに「コツコツ」と購入していく事ができる。私の様な普通の人間にはそんな時間がなるべく長い方が良い。

 

将来のインカムゲイン

これが理屈だし長期保有を決めた人は私と同じ事をしている。売る気が無いから株価は見ない。キャピタルゲインよりも「将来のインカムゲイン」がとても大事になるから。

 

今は便利な世の中だから、スマホなどで証券会社のアプリに買値などを指値しておいて放置しておけば良い。その時に購入株式枚数も決めれるのだからなんとも便利だ。

 

ましてや現物で保有しているので株価のキャピタルゲインもはっきり言えば、見せかけの評価額であり極端に言えばそんなものは現段階ではどうだって良い。

 

100万で株式を購入していて現在評価額が50万になったとしても、評価額が半額になるだけだから気にしなくて良い。しかし本気で本当にそんな事を思っているのか?

 

バイ・アン・ホールド 忘れろ

私は投資メンタルという点に於いて、誰かより秀でているとは一度も思った事はない。人間の心理的な事を記事に出来ればと思い書いているだけだ。

 

そして私は将来に向かって「働かずとも一生の不労所得を得たい」と考えているだけだ。また私が死んだ後も私達の子の資産になれば良いと考えている。

 

金持ちになる!NYダウ・日経平均の株価暴落を喜べ 予想予測は無意味
2018年ダウ平均株価がまたしても暴落している。世間ではエリート達が何故何故と分析をしているがその本業である人間達もわからない事を我々一般人が知ろうとする事は無理だ。そんな事よりも大暴落を喜べ。世間に悲壮感が蔓延した時、ボチボチ動けばよい。やっと恵みの雨が来たようなものだ。

 

その実践として「Buy and hold」(バイ・アン・ホールド)をしている。株式を購入したら忘れる。購入した事すらも忘れる。この言葉の格言だと思う。

 

これが世間では「アホルダー」ととても面白い表現をしている場合もある。

 

この様な造語はインターネットにおいて非常に「頭が良い」といつも関心するし、ある意味「尊敬の目」で見てしまう自分がいる。ネットボキャブラリーの高さにいつも驚くばかりだ。

 

評価損 冷静な気持ちで見る心理

話がそれてしまったが、仮定として評価損だけで物事を見てみたい。

 

貴方は100万の車を購入した。しかし一度も貴方はその車に乗る事もなく、その日に売却を告げた。納車に来たディーラーマンに売却を告げた訳だ。価格はどうなるだろうか?

 

とてつもない人気車種で無い限り「70~80万」位の売却になるのではないか?そう、誰かの手に渡る(名義がつく)とその時点で商品・物は中古になってしまう。

 

まったくの新車であってもそれは紛れもなく中古になる。株はどうだろうか?同じく100万で購入して翌日大暴落が発生して50万になったと仮定しよう。

 

考え方は車と全く同じだ。しかし「車や物」と違い株式は中古に成る事が無い。現在の大暴落で50万になったとしても会社が存続し利益を上げれる体制であれば将来的には株価は戻る可能性が高い。

 

そしてインフレや何かの要因が発生すれば、それに伴い株価もいずれ上昇する。「商品・物」は必ずと言って良いほど「資産価値は目減り」するが「株式」はそれだけではない。

 

一時的な評価損益に左右されない

資産価値が無くなる可能性は「株も物も等しくある」株式もその会社が倒産すれば紙屑になる。

 

しかし可能性として「資産価値の上昇」は「商品・物」よりも「圧倒的に株」にある。

 

これが「評価損を見る私の目線」だと言いたい。株式が一方的に下落をして途中で投げ出す人が余りにも多い。長期保有を決め込んだのに残念だと言いたい。

 

商品を買った場合、長期保有すればいずれ「資産価値がゼロの可能性が高い」
株式を買った場合、長期保有すればいずれ「資産価値が上がる可能性が高い」

 

仮定の話で購入時に「物も株式」も同じくように評価損をつけてある。この心理が理解して貰えるだろうか?

 

株価上昇 株式が購入出来ない時の心情

こんどは逆に「評価益」が出た時の話をしてみよう。悲しい事に購入した時点から「評価益」がでるものは実は実際の「商品や物」には中々無い事が理解できると思う。

 

先ほども書いたが「誰かの名義になれば中古」という烙印を押される。何も手をつけていない商品であっても流通経路でそのように判定される。

 

だからここでは商品(物)と比べる事がし難いので、心情だけを書きたいと思う。先ほど書いた「評価損」の時の心理は

 

商品を買った場合、長期保有すればいずれ「資産価値がゼロの可能性が高い」
株式を買った場合、長期保有すればいずれ「資産価値が上がる可能性が高い」

 

仮定の話で購入時に「物も株式」も同じくように評価損をつけてある。この心理が理解して貰えるだろうか?

2度と安値を拾えない可能性

評価益が出るという事は「自分が購入した時よりも株価が上がっている」訳だから、もう2度と以前に購入できた株価では手に入らない可能性もある。

 

という事は100万で購入できた株式が現在は150万も出さないと購入出来ない可能性もある訳だ。これは長期保有をする者にとって非常に辛い葛藤がある。

 

評価額が上がるのは長期保有する者にとってもそれは大変嬉しい事だ。しかし今よりも、もっと多くの株式を保有したいと考えている人間には本当に辛い事実なのだ。

 

だから大暴落が来て欲しい

だから最近は大暴落が早く来てくれないかと本気で願っている。現物で購入している限りは文章の中ほどで書いた心理で事の多く恐怖、不安、迷いは回避できる。

 

しかしこれが信用売買の場合はそうにはならない。だから私は信用売買はしない事にしている。これは貧乏な生活をしたくない、だから一攫千金を諦める 理由はこれにつきるにも記事にしてある。

貧乏な生活をしたくない、だから一攫千金を諦める 理由はこれにつきる
だがこの気持ちの移り変わりは痛いほど理解できる。頑張って節約をして投資の世界に足を踏み入れた人程、その様に感じるのが当たり前だ。努力して貯めた金で有れば有るほど一層強くそう感じる。

 

出来るだけ1枚でも安く株式を自分の出来る範囲で購入し、将来に渡り安定させインフレにも対抗させる「資本主義の中で唯一合法的にできる方法」が株式だと信じて止まない。

 

大量の株式があれば「インカムゲイン」を狙える。また長期でみればご褒美に「キャピタルゲイン」も貰える可能性がある。だからこんな心情になるので「題名」がそうなる。

 

「株価上昇のキャピタルゲイン(利益)に喜び、暴落しろと願う自分がいる」長期保有を決め込んだ人ならこの心理は理解出来る筈だ。

コメント

テキストのコピーはできません。