早く金持ちになりたい|投資が投機に変化する 自分も知らないうちに

投資関係

 

こんにちは「ぐちゃねっと」のGabunomiです。

 

「投資」と「投機」の違いってなんだろう?そう思いませんか?そのどちらも「お金」を何かに「投資」する訳ですが、言葉としては「投機」も出て来る。

 

しかも世間一般的に行われている「投資」と呼ばれるものは実はその殆どが「投機」だ。なぜほとんどの「投資」は「投機」に変化してしまうのか?また今回は「投機」の意味をギャンブルと置き換えて頂いても結構です。

 

長期視点に立つ 「投機」を「投資」に変化させる一歩

投機とは極端に言えば、短期売買を繰り返して「キャピタルゲイン」(利ざや)を狙うやり方だがこの方法は特にリスクが高い。そのリスクとは以下のものが上げられる。

 

  • 損益に一喜一憂してしまう心理的影響
  • 短期売買による証券会社などへの手数料
  • 細かく勝利して大きく負ける 100勝1敗での大損や再起不能

 

逆に短期売買でのメリットと言えば

  • 短期保有(時間が短い)なのでリスクを取った行動を起こせる

私が考えれる短期売買のメリットはこれしかないと個人的に思っている。このメリットはのちに恐ろしいデメリットに変化するのだが….

 

先ほど、「投資」と呼ばれるものは実はその殆どが「投機」に変化してしまうと伝えた。その真実はここにある。

 

「1秒でも早く最速で金持ちになりたい」この一言につきる

 

 

1秒でも最速で金持ちになりたい その気持ちを抑える事

なぜ人はすぐに金持ちになりたいのか?それは当然の事だ。あれもしたいし、これもしたい。優雅な人生を送ってみたい。金の力で人を使ってみたい。

 

旅行にも行きたい。リッチな世界に足を踏み入れたい。今の仕事を早く辞めたい。嫌な上司を金の力で一度ギャフンと言わせたい。

 

色々な思惑があるだろう。当然だ。人間だから欲望があって正常だし欲望がなければ人生の向上も感動も何もない。だから「短期売買」をダメな事とも私は思わないし、「投機」だろうが「投資」だろうが実はどうだっていい事だ。

 

再起不能になれば全てが終わり

しかし、大切なお金を「ギャンブル」のような行動で無くしてしまい再起不能になって欲しくないからこうして記事に書いている。

 

一度金を失えば、立ち上がる事は相当難しい。しかし一方では「30万を1億にした男!」とか「秒速で1億稼ぐ男」など、色々な購買意欲を掻き立てるサイトも多いのは事実だ。

 

再起不能に見えても「実はチャンスが転がっている」と思う人が一定数いる。

 

でも、そんなサイトをみても正直言って私は皆さんに「諦めろ」と言いたい。諦めるからこそ開ける道もある。確かにお金に好かれる人は一定数はいる。これは事実だ。

 

最速で多くの人は金をなくす世界

そして、「お金に好かれる人」はSNSなどでその優雅な暮らしなどを拡散する。またそのような情報が入ると自分もその世界に足を踏み入れたいとも思う。

 

だから人は最速で「お金に好かれる人の仲間入り」をしたいから「短期売買」をする。「投資」という名の「投機」に変わった事も本人も知らないうちに…

 

最速で金持ちになりたい。その一心が「投資」という名の「投機」に変化させる最大の理由という事が理解して貰えたと思う。

 

そして現実世界では多くの人が「最速」で多くの「金」をその手から手放して行く…

 

長期視点 長期投資 歴史で負け知らず

この「短期売買」にも各個人の時間軸があり、5分が「短期売買」と捉える人もいれば、5日が短期売買と捉える人がいる。

 

逆に6か月で「長期売買」という人もいれば最低でも5年という人もいる。時間軸は人それぞれだからここでは問題にしても意味がない。

 

しかし、こと株式の世界では長期視点(長期売買)で物事も見た場合には実は負け知らずだ。長期に株式を持つという行為をしただけで金持ちになる。

 

金持ちになる必要

だがここで問題なのは長期保有が出来たとしても、「自分」がこの世にいない可能性が遥かに高い事が「非現実的」な話として相手にされない理由だとも理解している。

 

100年経てば金持ちと分かっていた所で、現世の自分が「金持ち」に成れないなら意味は無いし、「老人になり体も自由に動かせない時に金が出来ても…」と考える人がいてもそれも当然の事だ。

 

本当にそれは私も切実に思う。自分がこの世に居なくなってから「金持ち」になる理由は何なのか?本当に理解できるが「それは金持ちでは無い」と私は考えている。

 

金持ちとは一生の不労所得を得ること

たしかに今後100年経てば、インフレも発生して今の1万は1万の価値が無い事には想像に難くない。

 

しかし良く考えてみてほしい。100年後にしか本当に金持ちになれないのか?また「金持ち」という定義はなんなのか?

 

私が思うところ「一生の不労所得を得る」事が「金持ち」だと私は定義している。

 

働けなくなってもある一定の定期的な「お金」が入ってくる事を私は「金持ち」だと定義しているし、その額は「生活が出来る金額」となる事も理解して貰えると思う。

 

労働からの解放を求めて

どうだろうか?少し光明が見えて来たとは思えないだろうか?大金持ちでは無く、将来働かずとも生活が出来てそれが自分が死ぬまで続く。

 

なるべく早くに労働からは解放されたいと考えるのは当然だ。また死んだ後も後世に残す事も出来る。それが本当の金持ちであり、投資の世界だと思わないだろうか?

 

絶対に「投資」から「投機」に自ら変化をさせてはいけない。人の財布と自分の財布を比べる事ばかりに躍起になっても仕方ないのだ。くれぐれもご注意を。

コメント

テキストのコピーはできません。