銀行に預けても金は増えない 0.001%の金利って預金者をバカにしてるよ

投資関係

 

普通預金も定期預金 馬鹿らしい金利

現在多くの銀行が「普通預金」を例に取ってみれば「金利0.001%」という非常に馬鹿らしい金利になっております。「0.1%」ではなく「0.001%」です

 

勿論、定期預金や大口(お金を沢山預金してくれる人)にはもう少し良い商品もありますがそれとて、「0.01%台」です

 

100万預金 1年の金利が10円

この「金利0.001%」とは幾らの金利なのか?単純に計算してみると100万円を銀行に預けても一年後に金利としてつくのは10円です。たった10円…

 

泥棒に取られない様に銀行に預けている、現金を家に置くのは怖い。様々な理由があるでしょうが多分日本人の多くは銀行は安全だ、円(日本円)で資産を持つ事は今後も安泰だ、と考えている事でしょう

 

ある意味では確かに安全です。日本は災害が多いことからも何かしらの予期せぬ災害に見舞われてしまう事もある。その時ばかりは確かに安全であるといえます

 

インフレとは物価があがること

しかしこと、インフレが来た場合に銀行に「ただ漠然と預けている」というのは危機です。災害などの事は一旦頭から置いて下さい

 

インフレとは以前100円で買えた物が現在では200円に値上がりした状態。
もしくは同じ100円で購入が出来たが、内容量が半分になるなどの場合もインフレという

 

デフレとは物価が安くなること

デフレとは以前は100円でしか購入出来なかった物が、50円で購入出来る状態。もしくは同じ100円でも内容物が2倍になっている場合もデフレといいます

 

長期的視線 紙幣価値はなくなる

このように通貨の価値はその時々で様々に変化していくのですが、その期間(年数)が余りにも長く続くと今後も価値は変わらないと考えてしまうのが人間です。

 

デフレが長く続いた日本の場合は現金資産が今まで一番最強の武器だったのは事実です。しかしインフレが来た場合には現金資産は最弱になってしまいます。

 

紙幣の価値は長期的視線では、かならず少なくなるのが今までの歴史です

 

インフレには 一番弱い現金資産

なぜインフレでは現金資産が一番弱い資産、最弱になってしまうのか?現金資産の場合のみでは今までと同じ価格で同じものを購入できなくなるからです。

 

ものの価格は上がり続けるのに、現金としての価値は一定であるから、どんどんとその価値を落とす事になります。

 

個人が借りる時 銀行金利は高い

話を銀行の金利に戻したいと思います。銀行に預ける(貸付る)場合には金利0.001%です。しかし、銀行から借りる場合(借入れ)は2%台~14.5%(目的別によって様々な金利がある)の金利になっています。

 

もちろん、どの様な経済活動にも差益と言う物が発生しない限り、利益は生まれませんので一概に銀行金利をどうこう言うつもりは毛頭ありませんが、馬鹿げていると思いませんか?

 

銀行金利の現状 金利差があまりにもひどい

事実として、借りる時の金利は14.5%と、預ける時の金利は0.001% 計算しますと…

 

金利差は14,500倍!「1万4,500倍」です。あまりにもひどすぎる金利差です

 

一番低い、「借りる時の金利が2%」でさえ2,000倍の金利差です。

 

もう一度計算をしてみます。100万円を借入れ(14.5%)と貸付(0.001%)で計算します。

 

  • 借入れ 100万 一年後 1,145,000
  • 貸付  100万 一年後 1,000,010

 

銀行は店舗・人員を抱え事業として活動している為、この数字の差がそのまま利益などではありませんが恐ろしい程の金利差から発生する差益です

 

銀行金利ではインフレリスクは回避できない

これが現在の銀行金利の現状です。ATMからお金を引き出すには手数料として108円程の手数料が掛かる事が多くあります。

 

銀行にただ預けるのはATMから引き出す手数料さえも「まかなえない」と言う事です。こんな銀行にお金を預けて貯金をしていてもインフレリスクは回避できません。

 

ATM手数料にもならない

仮にATM手数料1回分を賄うには1100万の普通預金が必要です。これで何とか金利110円が手に出来ます。(税金は考慮してません)これはどう考えても馬鹿げています。

 

いくら頑張って貯蓄しても銀行口座から自分のお金を引き出す度に手数料が掛かり、なおかつ普通預金の場合には「0.001%」という金利しかもらえません。

 

これでは預金がプラスになる所かマイナスになることが確定しております。

 

もちろん銀行にもリスク(回収不可能)はつき物ですが、余りにも預金者の事をないがしろにしていると言われても仕方がないと思いませんか。

 

なにせ金利差14,500倍ですからね。一番小さく見積もっても金利差2,000倍です。

 

銀行の金利では当たり前ですがインフレには対抗できません。では、インフレに対抗し生きて行くにはどうすれば良いのでしょうか?単純です。

 

出費を抑えた生活を心掛ける

  • 出費を抑える
  • ミニマリズムに生きる
  • 貯蓄する
  • ギャンブルをしない
  • 一攫千金を諦める
  • 投資をする

 

しかしこの対応策だけではなんら答えになっておりませんのでまた後日。

 

金持ちになる!NYダウ・日経平均の株価暴落を喜べ 予想予測は無意味
2018年ダウ平均株価がまたしても暴落している。世間ではエリート達が何故何故と分析をしているがその本業である人間達もわからない事を我々一般人が知ろうとする事は無理だ。そんな事よりも大暴落を喜べ。世間に悲壮感が蔓延した時、ボチボチ動けばよい。やっと恵みの雨が来たようなものだ。

コメント

テキストのコピーはできません。