100切り!パタースイングとストロークは両脇にタオルを挟むと安定できる

ゴルフ練習 100切りから80台を簡単に目指す方法

自己練習のみ3年でベストスコア78を出しました。その時にしていたゴルフ練習方法をお伝えしていきます。

ゴルフ100切りに悩む人に向けての記事ですが、あれもコレも書かずに短い文章で分り易くしていきます。

安定的に80台を出すにもとても大切なことを体系的にお伝えしていきます

両脇にタオルを挟んで自宅練習をする

タオルといってもバスタオルではダメです。手ぬぐいを両脇に一枚づつはさみます。

そして皆様がご存知のように△形を崩さないようにストロークの練習をしてください。

両脇にタオルを挟むので三角形が崩れないストロークが出来る

もし自宅練習中に片方のタオルが落ちるなら、肘が曲がってしまって脇があいてしまった証拠です。

 

練習方法はゴルフで100切りをする為の、距離感や方向性を安定させてくれるほか、真芯に当て易くなるためのドリルです。

パターの距離感の出し方!100切りには3パットを減らし振り幅と真芯にあてる
自己練習のみ3年でベストスコア78を出しました。その時にしていたゴルフ練習方法をお伝えしていきます。 100切りに悩む人に向けての記事ですが、あれもコレも書かずに短い文章で分り易くしていきます。 安定的に80台を出すにもとても大切な...

 

パッティング練習では肩を上げ下げしない

注意点があってパッティングの練習で気をつける点は

タオルを挟もうと意識して、肩を上げ下げしないことです。

肩を上げ下げするとダフリ・トップの原因になります

肩・腕そしてパターを持った手が大きな三角形を描いたまま、ストロークをする意識を持ちます

タオルを挟む理由は、大きな三角形を維持しやすいようにする為ですが

肩を上げ下げしてタオルを挟むのはやめましょう

 

パッティングが終わった後に注意すれば上手くなります

パッティング終了時におヘソがボール正面にあるか?

肩の上げ下げ、△形ストロークを作ることは皆さんご存知だと思います。しかしイマイチイメージが湧きませんよね?

 

そこで画像のように「おヘソ」がパッティング終了後もボールの方向にあるか?を確認します。

打つ前のボール方向(所謂地面方向)ではなく

パッティング、打ち出し方向におヘソが向いていれば、体が前にズレたパッティングをしているので、改善意識を持つと上手くなります

まとめ

・タオルを両脇に挟むと三角形を意識しやすい
・肩の上げ下げでストロークしない
・タオルが落ちた場合は肘が開いた証拠
・パッティング終了時に「おへそ」がボールがあった場所に向いているか
・もし打ち出し方向におへそが向いていれば体が前にズレしまっている

この5点を注意しながらパターのスイングやストロークを練習するとゴルフ100切りは近づいてきます。

 

次は自宅練習で出来るパターのバリトレをご紹介致します。

パター練習は自宅で出来る!ゴルフ100切りなら鏡・床・壁を使えば上手くなる
自己練習のみ3年でベストスコア78を出しました。その時にしていたゴルフ練習方法をお伝えしていきます。 ゴルフ100切りに悩む人に向けての記事ですが、あれもコレも書かずに短い文章で分り易くしていきます。 安定的に80台を出すにもとても...

コメント

テキストのコピーはできません。