ゴルフのドライバーショットでOBを無くす方法 ティーアップの高さを絶対に決める 

ゴルフ練習 100切りから80台を簡単に目指す方法

 

ゴルフの練習場では2F~3Fを使え アプローチ系はイメージを明確にすること
人間のイメージ力は養えば養うほどに強化されていく。もちろんアマチュアだからプロやセミプロのようにはなれない。しかし日々意味をもった練習と意図をもった練習をすれば2F~3Fでの練習は驚くほど距離感を強化するのにとても役に立ちます。

 

ドライバーのOBをなくしたい 少なくしたい人へ

ゴルフで100切りの最初の難関はドライバーのOBを徹底的に少なくすること。それとグリーン周りからの無駄打ちを減らすことがとても大切です。

 

グリーン周りから「パーファイブ」が始まる人も多いですよね。この対策はまた記事にしますが、取りあえずドライバーでOBをなくす為に、誰でも出来ることをお伝えします。

 

練習場と同じ環境で打てるのがドライバーであると認識する

1Wいわゆる、ドライバーは自分で場所を決める事ができます。これって実は凄いことなんですよ?

 

ゴルフでホールインした時(1番ホールでもどこでも)ゴルフボールを触ることが出来る場面は、グリーン上でマークアップしたボールを拾う時と、ティーグラウンドに立つ時だけ。

 

ということは、ゴルフ練習場のように「平らになっている場所」をティーマーカーの間であれば自分で決定することが出来ます。もちろん2クラブの範囲であれば後ろに下がることも出来ます。

 

ですから、ゴルフ練習場と同じように「平らな場所」をまずは探しましょう。平らとは自分の立ち位置のことです。

 

6インチスルールールとかもあるが、基本は触らない移動しない

まぁ「6インチスルールール」とかもありますが、私はそのルールがあってもボールには触りません。ディボット?だったかな?アイアンで削られた窪みにボールが入っている場合でも、触りません。

 

人工物でルール的に触らないといけない場所では「触るほかないので」仕方がありませんが、とにかく自分に厳しくが「ゴルフ」だと思います。

 

あとで、自分の実力ででたスコアじゃない気がするので私は真剣にやり始めてからは触りませんでした。それまでですか?触りまくりの移動しまくりです。なにせ140台でしたからね(笑)

 

練習場で調子が良かったティーアップの高さを計測する

ね、全部計測が出てきますね。ゴルフが上手い人は多分計測していると思います。それか体が既にセンサーになっていて、何気ない動作の中も寸分違わず同じ動作が出来る人だと思います。

 

でも私達はそこまでの経験も練習量もあるわけでもないはずです。社会人になって初めてした人も、私のように「必要にかられてした人も」いるわけですから。

 

となると、練習量にも経験にも左右されない「基準」を持つことは何気なく練習するより遥かに効率的です。そう思いませんか?

 

ティーアップの高さを同じにすると心配ごとが減る

ティーアップの商品でも高さを揃えることが出来るアイテムはあります。

 

しかしです。それって練習場で調子がよかった時と同じ高さなのでしょうか?「いや~ちょっと位高さが変っても私は平気だよ~」って人もいるでしょう。

 

でも目的はゴルフでスコア100切りをする事。そして100切りは1度ではなく、安定して出し、80台や70台も出すことを目的とした場合は、こんな些細なことが大切になってきます。

 

 

たとえば上の商品のようなものが、練習場に置いてあったとしましょう。そしてとても調子が良かったのなら、木製のティーに目印を付けて、ゴルフ場本番でも同じティーの高さに出来るように準備しておきましょう。

 

ゴルフで100切りは心配事を減らし、安心感を増やしていく

まず100切りを達成しないと、当然80台にはなれません。そのために、心配事を減らして安心感を増やしていく事が本当に大切になります。ですから練習場と同じ環境に少しでも近づける。

 

  • 本番では出来るだけ「平らな場所」を選ぶ
  • ティーアップは練習場と同じ高さに出来るように木製ティーに目印をつける

 

など、簡単に出来ることはどんどん取り入れましょう。本当に技術的な事ではない記事でしょ?私の考えは技術的なことよりも「基準作り」がスポーツにおいては大切だと思います。

 

こと、ゴルフとスキーでは基準が大切だと本当に思います。結構似ているのです。この両スポーツは。

 

ティーグランドは罠が一杯 ドライバーがOBする理由

ティーグランドは色々な仕掛けがされています。

 

  • 木の配置による錯覚
  • ティーマーカーの位置関係
  • バンカーや池の見せ方
  • 奥は広いのに打つ場所からは狭く見えるor逆など
  • ティーグランドの傾斜など

 

色々な仕掛けや罠が「それと気付かせないように」でも「気付かせる程度」に施されています。気付いているようで気が付かない。なぜか心の安定感がなくなりOBが出やすくなります。

 

しっかりと罠に掛かりましたね。

 

では、こんな仕掛け一杯のティーグランドで仕掛けを無視出来る方法はあるのでしょうか?ありますよ。簡単にできますからね!

 

ティーグランドでは目標物のスパットを決める

ティーグランドからは色々な仕掛けを、それとなく、気付かせるようなそうでもない様な、良い距離感でゴルファーに疑問や心の不安を抱かせます。

 

ゴルファーは実は気が付いているか?ついていないか?のレベルでも何故か心はザワザワします。練習場では上手くいっても本番で上手く出来ないのはこんな罠も潜んでいるからです。

 

では、先ほどのティーアップは練習場と同じ高さ大作戦?が実行できたら次ぎは何に注意するか?ズバリ「スパット」を見つけてそれを基準にすることです!

 

またまたゴルフダイジェスト様から引用です

 

赤丸をつけました。写真ではわかり難いですが、赤丸に何か「芝の変化」「ゴミ」なんでも良いです。小さな変化があると想定してください。

 

大事なことはコースを見ない スパットを信じてショットする

そのスパット(目印)にクラブのフェースを正面に肩・体をしっかりと並行を保つようにして構えます。練習場と同じです。(練習場でもこの動作を毎回しないと実戦では使えませんよ)

 

スパットが目標ラインなので、そのスパットとボールの線上の後ろから狙う場所を決めれば、コースなど見なくても良いわけです。

 

あれもこれも気にするよりも、しっかりと目標方向にいつもの練習場のように入って行けたか?立つことは出来たか?そのことをしっかりと注意してください。

 

もちろんコースの戦略はティーグランドに立つ前にはしますが、あそこにボールを運びたいと考えたなら、その線上にあるスパットを信じて、しっかりと立つ!ここが大切です。

 

写真をみて色々考えてしまう人たちへ

この写真では左手に「池」が見えていますね。そしてFW(フェアウェー)中央にはフラッグがありますので、あの地点が230y~250y程度でしょうか?

 

この女性は「フェード」か「ストレート」の持ち球の人でしょうか?それとも「ドロー」でしょうか?とにかく池に入れてはイケナイ!と思うあまりに右方向の大きなFWに球を打ち出したくなりますよね?

 

こう思った人は既に罠に掛かっています。技術的なことで罠と言っているわけではありません。視覚的な罠に知らず知らずに考え「深み」に嵌められたといっているのです。

 

右方向が安全なのはこの写真限定でいえば確かでしょう。であれば「あれこれ考えずに」その方向にあるスパットを探し、その直線状にボールを配置する。それも出来るだけ平らな場所に。

 

右方向に出したい!と思う。これが罠に掛かっている?なんでだ?右が安全じゃないか?と言われるのは良くわかります。

 

ただ、こんな気持ちでティーグランドに立ち、ドライバーショットをしようとすれば、体は早く開こうとします。するとドスライスですね。安心を求めるあまり、罠に掛かる、そいう意味です。
それよりもスパットを信じて立つ。そしていつものように気持ちよく振り切る。こちらの方が遥かに大切ですよ。

 

まとめ

いかがでしょうか?ゴルフでのドライバーショットは色々な罠が仕掛けられています。前ホールでスコアが一番よかった人がオナーになるのもその罠のひとつでしょう。

 

心理戦を色々しかけてきますが、ゴルファーには「自分で場所を決めれる」というカードを与えてくれているのも、この場所だけです。ですから

 

  • コース上で最も安全な場所を探す
  • 打ち出し方向を決定したら平らな場所を直ぐに探す
  • その場所でスパットになるものを探す
  • 探せたら、打ち出し線上にボールを配置する
  • ティーアップは練習場と同じ高さに出来るように準備しておく
  • ボール、スパットを直線状にして練習場と同じように後ろからポジションに入る

 

となります。もし最後する行動としてはアドレス後に「ホールを見るか見ないか?」の事ですが、実際は見ても見なくても同じになります。というのも、

 

  • ポジショニングが失敗していて
  • 肩が左右方向にズレていたとか
  • 腰のポジションが悪かった
  • クラブのフェースが池方向に向いていた

とか色々問題点は多岐にわたります。ですから、練習場でのポジションの入り方は本当に大切ですよ。出てくる球を打つのではなく、

 

毎ショット度に「ポジションから入りなおす」

 

この練習は絶対に毎回、毎ショットしていて下さい。

 

レッスン書はスイング理論を教えてくれますが、私はスイング理論よりも「練習場では本番を想定したあらゆる事を練習する場所だと」考えていました。誰にも邪魔されずに練習できますからね。

 

ゴルフ100切り「膝の高さを変えない練習」をすると飛距離も弾道も変わる
膝の高さを変えない練習をするとゴルフは驚くほど早く上達が出来ます。ゴルフは回転するスポーツと思うあまりに、回転しすぎて体の制御が出来ないアマチュアが殆どです。というか勘違いさせられているかもしれません。膝の上下左右前後を制御すれば上体は勝手についてきますよ。

コメント

テキストのコピーはできません。