100切りには得意なクラブを2本作る アプローチも出来れば90台前半は可能 

こんにちは「ぐちゃねっと」のGabunomiです。

スポンサーリンク

得意なクラブの作り方と考え方

得意なクラブは何ですか聞くと「わからない」と答える人は多いと思います。100切りを目指す人に聞くと特に「そんな傾向が高い」と思われます。

しかし得意なクラブではなく「好きなクラブはなに?」と聞くと、○番やドライバーとか答えは返ってくると思います。

好きなクラブを練習するのが上達の早道です

そうです。いま好きなクラブを答えた番数が「彼方の上達への近道」を指し示すクラブです。ゴルフって

  • 連続写真を見せたり
  • 進入角度を見せたり
  • フェイスの向きを見せたり
  • 手の角度を気にさせたり
  • 背中の角度を意識させたり
  • 腕の振り方を細かく伝えたり
  • インパクトの瞬間を意識させたり

本当に細かいことを「あ~でもない」「こ~でもない」と言うんですよね。私はアマチュアで独学で3年で78というスコアをだせました。

レッスンなどは受けてませんので、自分で勝手に考えた自論を展開しているだけですから、本気の上級者には笑われていると思いますが、何かのきっかけになって貰えればと思ってます。

このスコアは別に自慢でもなんでもないのです。ただ3年でゴルフのスコアが100切れました!って人のブログは読まないですよね?そんな意味で書いているだけです。間違わないで下さいね。

そして練習方法を間違わなければ年間6回程度しか「ゴルフ場という本番」に行かなくても練習場だけで、そこそこ回れててしまうと、私は考えているのです(実際そうですしね)

スキーもゴルフも考えは良く似ていると思います

スキーもスキー場でしか練習できないことは山ほどあります。しかし自宅で出来る練習も沢山あります。

でもスキーとゴルフを比べた場合にはゴルフの方が、「より実戦的により密度の濃い練習が本番ではなく練習場で出来てしまう」と思うのは私だけでしょうか?

一番最初にバッグから取り出すクラブが大好きなクラブ

練習場に行った時に、一番最初にバッグから取り出すクラブが大好きなクラブだと思います。先ほどの「好きなクラブはなに?」と聞かれても「わからない」と答えてしまった人は、自分で気が付いていないだけです。

最初に取り出したクラブで徹底的に練習をしましょう。

膝の高さを変えない練習をするとゴルフは驚くほど早く上達が出来ます。ゴルフは回転するスポーツと思うあまりに、回転しすぎて体の制御が出来ないアマチュアが殆どです。というか勘違いさせられているかもしれません。膝の上下左右前後を制御すれば上体は勝手についてきますよ。

この記事は「スライス」というタイトルになっていますが、ゴルフで気に掛ける方が良い!と言われる細かいことの意識よりも、膝の高さを変えないという意識だけの練習方法が書いてあります。

細かい動きよりも大きな動きを理解すれば全てが変る

なぜゴルフは細かい動きばかり重点的に語られ、枝葉末節ばかりの話が多いのか私にはよくわかりません。

たしかにプロを目指す人にはとてもとても大切な事柄なんだろうと思いますが、こと100切りを目指す、90台を出したい!人には必要ない情報だと勝手に思っている私です。

ゴルフとは記録のスポーツであると同時に「記憶のスポーツである」と私は考えています。しかもかなり曖昧な記憶。なぜ曖昧な記憶になるのか?というと1球毎にアドレスを取り直さないからです。良い球が打てると連続で打ちたくなりますが、本番ではそんなことは出来ませんよね。
テキストのコピーはできません。