スキー・スノーボード

ホットワックス

スキー・スノボにワックスは不要?滑りが変わるので必要です

スキー・スノーボードのワックスは本当に必要なのか? ワックスの効果を知っている人は「絶対に必要」といえるものですが、時々しか行かない・または行けない人から「ワックスは不要」でしょうか?と聞かれれば、正直いうと答えに瀕します。 ...
スキーメンテナンス

スキーブーツはシーズン前に選ぼう!痛みも○×があるから最低30分は試したい

スネが痛い場合のスキーブーツは、一般的には調整が殆どできません・・というか出来ません。もし最初に履いたフィーリングでスネがズンズンと痛み出すようなモデルは早々に見切りを付けて、違うモデルを試す方が良いと思います
スキーメンテナンス

初心者はスキーブーツ購入前にレンタルを何度か試す方が、良い物を選べるよ

しかし何度かスキーをすると「あれ?ブーツの中で足が動く・・」などが判断というか理解出来てきます。スキーという道具の中で1番大切なものだと思いますが、中々自分に合うブーツが見つけられないのもスキーブーツという商品
スキーメンテナンス

初心者必見!スキーブーツはオススメで選ぶと失敗します!ちょっとキツメを選ぶ

スキーブーツの選び方は難しいです。初級者であれば尚更で「比較対象物」がないからです。この記事だけではお伝えできませんが、まずはちょっとキツメかな?と思うブーツの選別方法を記事にしてみました
ホットワックス

ワクシングペーパーは使う必要があるの?キッチンペーパーで代用可能です!

スキー・スノーボードのホットワックス時に使うキッチンペーパーのようなものをワクシングペーパーと言います。余分なワックスを吸わせたり、均一に作業できたり。でも本当はワクシングペーパーを使う必要はそれが理由ではないかも?
ホットワックス

スクレーパーをかけるのが嫌!最後だけで良いよね?ベース作りでこれはダメかな?

スキー・スノーボードでホットワックス後のスクレーパーが嫌!できるだけスクレイプの回数を減らしたい、たしかに面倒です。私もスクレーパーも嫌だしブラッシングも本当はいやです(笑)ひたすらホットワックスだけをしていたい・・・
2019.06.06
ホットワックス

ホットワックス ワックスフューチャーをする意味と金額に見合う効果はあるのか?

まずワックスフューチャーとは、遠赤外による過熱を行い、さらに非接触でワックスを溶かしていくので、ソールに優しいワックスの浸透率がとても高いなどがメリットとして挙げられます。しかしワックスフューチャーを一度施工してもらった程度では
スキーメンテナンス

スキー・スノーボード チューンナップに出したのにベースバーンになる理由 なぜ?

チューンショップに出したのにベースバーンになっちゃった。何故ならショップではホットワックスの回数は1回がほとんどです。まれに何回もホットワックスをしてくれるようなショップもありますが、やはりオプション料金です。次に硬い頑丈なワックスを施工したとしても、一度ではベースバーンは防ぐことは出来ません。
ホットワックス

ホットワックス後の冷却時間はどれくらいで良いの 1日1回しかワックスは出来ない?

ホットワックスは本当に楽しいです。シーズンも終わりかけの現在もホットワックスについて記載するとは思いもしませんでしたが、色々自分的に考えてしているものですね。さて今回はホットワックスが終わったあとの冷却時間と冷却場所など私が考えていることをお伝え致します。
スキーメンテナンス

逆エッジは怖い! サイドエッジやベースエッジで滑りは変わる 早めにチューンを

恐怖の逆エッジをオサラバしませんか?突然意図しないのに転倒する。そんな場合はスキー・スノーボードをチューニングに出してあげましょう。特に初心者は道具に助けてもらうことでドンドンとメキメキと上達します。たった1℃の違いが判るのか?と言われれば絶対に解る滑りやすくなった!と実感するでしょう!
2019.04.16
テキストのコピーはできません。