スキー・スノーボード

ホットワックス

スクレーパーをかけるのが嫌!最後だけで良いよね?ベース作りでこれはダメかな?

スキー・スノーボードでホットワックス後のスクレーパーが嫌!できるだけスクレイプの回数を減らしたい、たしかに面倒です。私もスクレーパーも嫌だしブラッシングも本当はいやです(笑)ひたすらホットワックスだけをしていたい・・・
2019.06.06
ホットワックス

ホットワックス ワックスフューチャーをする意味と金額に見合う効果はあるのか?

まずワックスフューチャーとは、遠赤外による過熱を行い、さらに非接触でワックスを溶かしていくので、ソールに優しいワックスの浸透率がとても高いなどがメリットとして挙げられます。しかしワックスフューチャーを一度施工してもらった程度では
スキーメンテナンス

スキー・スノーボード チューンナップに出したのにベースバーンになる理由 なぜ?

チューンショップに出したのにベースバーンになっちゃった。何故ならショップではホットワックスの回数は1回がほとんどです。まれに何回もホットワックスをしてくれるようなショップもありますが、やはりオプション料金です。次に硬い頑丈なワックスを施工したとしても、一度ではベースバーンは防ぐことは出来ません。
ホットワックス

ホットワックス後の冷却時間はどれくらいで良いの 1日1回しかワックスは出来ない?

ホットワックスは本当に楽しいです。シーズンも終わりかけの現在もホットワックスについて記載するとは思いもしませんでしたが、色々自分的に考えてしているものですね。さて今回はホットワックスが終わったあとの冷却時間と冷却場所など私が考えていることをお伝え致します。
スキーメンテナンス

逆エッジは怖い! サイドエッジやベースエッジで滑りは変わる 早めにチューンを

恐怖の逆エッジをオサラバしませんか?突然意図しないのに転倒する。そんな場合はスキー・スノーボードをチューニングに出してあげましょう。特に初心者は道具に助けてもらうことでドンドンとメキメキと上達します。たった1℃の違いが判るのか?と言われれば絶対に解る滑りやすくなった!と実感するでしょう!
2019.04.16
スキーメンテナンス

スキー・スノーボードのブーツの保管方法 虫やごみが入らないようにパンストを使う

スキー・スノーボードのブーツの保管。シーズンアウトすると触ることも少なくなりますが、害虫にとっては格好の餌食。来シーズン、ブーツを履いてみると足に何か違和感が・・・ そう成らないためにも、害虫の侵入をシャットアウトしておきましょう!
スキーメンテナンス

スキー・スノーボードのチューンナップは毎年は出さない方が良いよ 板が薄くなるよ

スキー・スノーボードのホットワックスは本当に難しい。それと毎年毎年チューンナップに出すことは少し考えた方が良いですよ。どんどんと板が薄くなっていきます。
2019.04.15
スキーメンテナンス

スキー・スノーボードのホットワックスやメンテに必要な道具をまとめてみました

スキー・スノーボードのホットワックスやメンテナンスに必要な道具をまとめてみました。使い方はホットワックス・メンテナンス記事を読んで頂ければ都度出てくるアイテムですし、使い方も記事内では詳しく説明しておりますのでここでは割愛させて頂きます。
2019.04.13
スキーメンテナンス

スキースノボを保管する前にベースバーンを治して・エッジメンテナンスをしておく

スキー・スノーボードのシーズンが終わりに近づきました。既に滑り収めをされている方も多いと思います。今回は、軽いベースバーンが発生した時の治し方と、ベースエッジ・サイドエッジを綺麗にしてから保管する方法です。来季もどうか楽しめますように!
2019.04.12
ホットワックス

1級スキーバッジテスト対策 横滑り・コブ練習でお悩みの方に 真下に滑る練習を

スキーバッジテスト1級の横滑り練習方法です。練習方法はどんなものでも簡単なことから始めるのが一番良いと思われますが、横滑りでは一番難しい方法から始めるほうが、一番簡単に習得できると思います。なぜか?動きが静的な動作だからです。だから頭でっかちになる種目。簡単にできますよ
2019.04.12
テキストのコピーはできません。