ゴルフ練習 100切りから80台を簡単に目指す方法一覧

アイアン スライサーが簡単にダウンブローで打てる方法 ボールの視線を変える?

この方法はスライス系には対応は可能ですが、ドライバーショットには向かない練習方法です。アイアンでダウンブローに打てない人が、打てるようになる!身につけるまでの方法です。スライサーでなかなかうまくアイアンを打てない人は効果があると思います!

「パット・イズ・マネー」下手な人ほど一番練習をしないけど100切りには必要です

「パット・イズ・マネー」プロの世界ではこういわれるほど大切なパターですが、アマチュアはプロのスイングを色々みて真似をしてみようとか色々しますが、パター練習は下手な人ほど致しません。100切りを簡単に出来る練習方法を記事にしましたので見てください。簡単ですし楽しいですよ

100切りには「プロ・競技選手」のマネはしない方が良い 膝と体の制御をしよう

ゴルフは体を回す回転動作によって球が打ち出されるが、回転すればする程、我々ようなアマチュアには制御が出来なくなる。また間違ったヒネリは「肩・腰」などの上下運動を併発する。その上下運動を制御し回転をホドホドにすればゴルフは体の正面で球を捉えることが出来るようになる。

ゴルフボールで飛距離や打感が変るから同じものを使う 色々な球を使う事は辞めよう

ゴルフって記事を書いていて本当にメンタルのスポーツだったな?としみじみと思い出します。些細なことでスコアが良くなったり、悪くなったり。だからこそボールにも是非想いを込めてください。ラウンド中に違うメーカーのボールをホール毎に使うことは避けて1種類にしてみる。

ゴルフのアドレスの作り方がわからない 必ず後ろからポジションを作る練習を

ゴルフとは記録のスポーツであると同時に「記憶のスポーツである」と私は考えています。しかもかなり曖昧な記憶。なぜ曖昧な記憶になるのか?というと1球毎にアドレスを取り直さないからです。良い球が打てると連続で打ちたくなりますが、本番ではそんなことは出来ませんよね。

100切りには得意なクラブを2本作る アプローチも出来れば90台前半は可能 

ゴルフは最大14本の組み合わせを使いスコアメイクしていくスポーツです。しかし14本全てが上手くならないと100切が出来ないか?というとむしろ2本だけで良いので自分のなかで自信が持てるクラブを作りましょう。たった2本とは思わずに、2本も自信が持てると思えば100切りはグッと近くなります。

アプローチはイメージだ 上手くなるには1本のクラブであらゆる斜面を想定して練習する

ゴルフはアプローチとパターがスコアメイクにはとても大切です。でも練習場ではアプローチは単調になりがちですよね。だから9番をつかったりPWを使ったりしている人もいるはず。それよりもたった1本でよいからあらゆる斜面状況を想定した練習方法を取り入れたほうがよいと思います。

ボギーであがれば90 ダブルボギーなら108 そう思うから100切りが出来ない

練習場で打てた球を本番に求めないことが100切には大切だと思います。また徹底したアプローチ練習が大切です。実は70台を出すのもショットの精度はもちろんですが、グリーン周りからの処理が一番大切かもしれません。パットもそうですがゴルフの小技こそが大技だと考えるべきです。

ゴルフ 膝の高さを変えない練習すると弾道が変るよ スライスの原因は体が動くから

膝の高さを変えない練習をするとゴルフは驚くほど早く上達が出来ます。ゴルフは回転するスポーツと思うあまりに、回転しすぎて体の制御が出来ないアマチュアが殆どです。というか勘違いさせられているかもしれません。膝の上下左右前後を制御すれば上体は勝手についてきますよ。

ゴルフのドライバーショットでOBを無くす方法 ティーアップの高さを絶対に決める 

ゴルフのティーアップの高さを細かく気にした事はありませんか?練習場と違う高さのティーアップは上達を妨げ、本番での自信をなくします。練習場と同じ高さ、同じポジションを出せるようにしましょう。ゴルフ場に行かなくてもアイデアで本番以上のことが出来ますよ

ゴルフの練習場では2F~3Fを使え アプローチ系はイメージを明確にすること

人間のイメージ力は養えば養うほどに強化されていく。もちろんアマチュアだからプロやセミプロのようにはなれない。しかし日々意味をもった練習と意図をもった練習をすれば2F~3Fでの練習は驚くほど距離感を強化するのにとても役に立ちます。

ゴルフは自分のスイングが見えないから難しい 視覚化すると上手くなる

ゴルフは自分のスイングが見えないから、難しいのか?しかしスポーツというわず日常の生活において自分の動きを確実に見える人はほとんどいない。であれば現在流行のアクションカメラで自分を撮影してみることをススメル。自分を見続けると見えてくる世界がありますよ。

ゴルフではルーティンやセットアップに一番気を付ける 自分の基準を自分で作る

ドライバーを格好良く打ちたい。ゴルファーの憧れですね。でもそんなことよりも基準点を作ることをまずはオススメします。調子が良い日、悪い日は必ずありますが、その基準が自分で理解できていれば絶不調から直ぐに戻ることも簡単ですし、自己修正ができますよ。

ゴルフのドライバーを選ぶ時注意 値段よりもミスの許容範囲が広いモデルを選ぶ

ゴルフは最大14本のクラブを使って競技をします。自分にとって難しいドライバーを使うことは100切りを目指す上で大変な障壁になります。ドライバーはミスの許容範囲がが広く、アイアンはミスをあまり許さない、そんなセットアップが上達の秘訣だと勝手に考えて練習してました。

ゴルフ練習 100切りから80台を目指す方法とムダを無くす対策 スライスが原因

ゴルフで100を切れる人とは、ゴルフ競技人口の約30~40%程度だと聞いたことがあります。私も下手でしたが独自の練習方法を考えレッスンを受けずに独学で70台を出すことに成功しました。真芯を教えてくれる道具を選ぶことはとても大切だと思います。

テキストのコピーはできません。