一覧

車全般のページです

車のオルタネーターの故障は突然起こる 7万Km超えたら気にするべき

車の電装関係は突然に故障する。「オルタネーター」「燃料ポンプ」「セルモーター」「A/Cコンプレッサー」この中で走行中に故障すれば走れなくなる部品は「オルタと燃料ポンプ」だ。この二つは本当に突然故障するからまだまだ乗る気があるのであれば交換をしておくべきだよ。

車のバッテリー上がり?突然の出来事!チェッカーを使って異常発見!

バッテリー上がりの判断は本当に難しい。寒い時期になれば「突然」ダメになったりする。今回は雪山に行く前に気付けてよかったがMFバッテリーとの違いを考えさせられた出来事だった。完全に失念していた自分がいたが今後は注意して点検をしていこうと思う。

ウィンドウォッシャー液に気をつけろ!道路で凍結したら命に関わるよ!

ウィンドウォッシャー液が冬場に凍ると大変危険だ。高速道路では外気温は-10℃なんて普通にある。そんな状況で希釈されたウォッシャー液でフロントガラスを掃除すると前方が見えなくなるばかりか命の危険性まで出てくる。ついつい忘れがちになるけど対策をしていこう!

ホイールバランスは1g単位で調整しよう!ハンドリングが変るよ!

ホイールバランスはどの程度の重さを許容しますか?と昔はよく行き着けのガソスタで聞かれたものですが、最近は1gも誤差なく調整して欲しいとお願いしているので聞かれなくなりました。バランスが崩れている車を運転するとハンドルがブレたりしますので注意が必要です。

プレクサス アメリカ空軍御用達!スベスベ洗車だけでは勿体ない!

アメリカ空軍にも使われるプレクサス。驚きのツヤと滑りをもたらすので使う所には注意が必要になるほど。バリアスコートがライバル製品のような気もするが「宇宙製品」にも使われるとあって信頼性はバツグン。間違った使い方も記事にしてますので見てください。

ワコーズ レックスの効果は?フュエールワンとの違いは何処にある

フューエルワンはガソリン満タン時に1本入れるだけでインジェクター、バルブ、ピストンヘッドなど広範囲に洗浄する事ができます。しかしRECS(レックス)は直噴エンジンでは洗浄できない、吸気バルブもインマニからの薬液吸入で徹底的に洗浄してくれますが

12V電源アダプター改造 車のLED点灯テスト・魚探・ハムスターの扇風機など

12V電源アダプターを改造すると自宅で色々な物が使えるようになります。ハムスターの扇風機にも使えるし、タイマスイッチと組み合わせれば自動ONOFFも制御できます。レカロシートのヒートシーターにもテスト電源として使え、なにをするにしても大変便利なアイテムになります。

雪道は危険だぞ スタッドレスタイヤとスタック脱出アイテムは必要だ

冬の間はスタッドレスタイヤを装着するのは当たりまえですが、都市部の人間はタイヤチェーンや脱出用アイテムをどこまで真剣に考えているのか?最近のスタッドレスタイヤは高性能だと思うけど、やっぱりマイカーでスキー・スノーボードに遠征にいくなら必ず購入しておくべき。少しの坂道でもスタックしている車をよく見るのよ。

ピットワークとフューエルワンの違い「F-ZERO・Fプレミアム」性能差は?

ピットワークF-ZERO・Fプレミアム・フューエルワン、旧商品ではピットワークF1も販売されていた。この商品の違いはどこにあるのか?ワコーズのOEM商品といわれるピットワークだけど本当なのか?F-Premiumにはガソリン車用、ディーゼル車用と専用もでるまである。

レカロ 後付のシートヒータースイッチ シガーソケット利用でスッキリ車内に設置

レカロシートなどを使っていると、冬の寒い間にどうしてもシートヒーターが欲しくなる。でもスイッチをどこに設置するのか?内装に穴は開けたくないし、かといって配線がぐちゃぐちゃだと格好が悪い。シガーソケットを利用して格安でスイッチボックスを作ってみました。

車のフロントガラス内窓を綺麗に拭く 汚れを残さない簡単なアイテム

ミニバンタイプの車はフロントガラス内窓が本当に拭きにくい。頑張って拭いたとしても拭きむら、拭き筋などが残っており結局綺麗にする事がなかなか難しい。かと言ってうち窓の汚れをそのままにしておくと曇る。そんな時に役に立つアイテムが家に300均一にあります。

テキストのコピーはできません。