12V電源アダプター改造 車のLED点灯テスト・魚探・ハムスターの扇風機など

こんにちは「ぐちゃねっと」のGabunomiです。

魚探・ファン制御・乾燥・ボート湿気対策じつは色々使えます。

スポンサーリンク

12V電源ACアダプターは使い道が色々

先日もご紹介したのですが、今回は箇条下記と絵でイメージを膨らませて頂きたく思いました。12V電源ACアダプターは本当に色々使えます。

電源アダプターの改造

12V機器を自宅で使用 電源コード改造で書かせて頂きましたが、こちらは絵で解説していきます。

基本的にこの形を作ればあとは貴方の自由になります。この絵ではギボシを圧着しておりますが、ワニグチクリップを使えばはさみこんだりできますね。

ただしこの場合は「ショート」に十二分に気をつけてください

車の12V電圧だから テストが出来る

LEDランプを設置したい(カーテンシールなど)が、設置する前に点灯テストをしておきたい。そんな時にもバッチリと使う事ができます。

ハムスター ゲージ改造 夏を乗り切る扇風機

こちらでハムスターのゲージ改造による扇風機設置自作を記事にしております。

ペット・小動物・ハムスター ゲージ改造で扇風機や換気ファン設置 かわいいね

HDS ガーミン ホンデックスなどの自宅コンセントで動く

先の記事でご紹介しておりますので写真だけ。電圧10.8~17.0V  電流0.9Aで使用できております。

ローランス ホンデックス 魚探や12V機器を自宅で使用 電源コード改造

100Vタイマスイッチ ファン制御

このように連結してあげればファンは動きます。また100Vタイマスイッチをまず家庭用コンセントに刺してから、12V電源ACアダプターをさせば、タイマーセットでの運用も出来ます。

スキースノーボードのサーモボックスやプレヒートボックス(記事こちら)にも最適です。

スキースノーボード ブーツ乾燥(普通の靴にも)

このようにしてブーツの入り口に差し込んで使えば十二分にブーツ乾燥機にもなります。プレヒートボックス内で乾燥させながら、このように設置いたしますと驚くほど乾燥いたします。

また手袋なども同じ場所で乾燥できますので経済的です。

ボートカバー屋外保管 湿気対策

マリーナで陸置きをしているバスボートなどはカバー保管がほとんどです。また海などの船舶は係留保管がほとんどです。結構、雨や日本の高温多湿な環境はボートにも余り喜ばしい環境ではありません。

幸いマリーナには各自のコンセントがあると思いますが、上の画像のようにタイマスイッチを設置すればボートカバー内の換気も出来ますよ。

タイマスイッチには色々な機能があります。動作を簡単に設定できます。

  • 日時設定
  • 曜日設定
  • 何時~何時まで作動

などなど。大変便利です。

大変高額な道具 他人を巻き込まないように

この事は何事にも言えるのですが、大変高額な趣味道具といえるバスボートや船舶です。換気ファン程度で火災や炎上事故などを起こしては目も開けれません。

また、近くには他人様のボートも多数、陸置きされてますので絶対に気をつけてください。私は提案をしているだけで、設置などをすすめるものではありませんから。

注意点 使用用途によりファンの大きさを替える

注意点としては、ファンの大きさを替えて使う事が望ましく思います。はっきり言ってボートなどの換気だけを考えるのであれば、「タイマスイッチ+サーキュレーター」を購入するほうが絶対に良いです。

自作道は使い回しが肝心

しかし自作道は買うほどのものでも無い、自宅に部品が余ってある、何か一つだけの為というよりは使い回しが出来るような、そんな時に自作道は効果を発揮すると思います。

あくまでも私が実践したものばかりですがボートに関して「おお」と言うような効果はありませんでした。(12Vファンではパワーが無かった…)

ただ自作はイメージする楽しみと出来上がった時の喜びがあると思います。

DIYは必要に駆られて

やはりDIYは必要に迫られてする物だと思います。棚が欲しければ先ずは「既製品」を探すことをオススメします。

そこで設置場所や使い勝手を鑑みて、自作が良いのかを考えるべきで意外と「安物買いの銭失い」も多いのが自作ですからね。

テキストのコピーはできません。