煽られない運転方法は相手に道を譲る バックミラーサイドミラーは要確認

煽られない運転方法は相手に道を譲ること。そして周囲に絶えず気を使って、バックミラーサイドミラーを確認することでしょう。

 

私自身、スキー遠征に良く行くので「煽られている車」や「煽っている車」によく遭遇しますが、内心「あ~あの運転じゃ後ろもイライラするよな・・」と思うこともあります。

 

反面、煽ってもなんら変化しない状況の場面を見ると、なにをそこまでする必要があるのだろう・・と理解不能なこともあります。

 

この話題って難しいです。煽る方も・煽られる方も状況によって意見が分かれるということです。状況を見ていきましょう。

高速道路の場合

まずは高速道路から想定してみましょう。

空いている高速道路の場合

ガラガラに空いた高速道路の追い越し車線を気持ち良く走っている。周囲には誰もいませんが、バックミラーを見ると「猛スピードで加速してくる車」が来た場合。

 

さっさと道を譲って行かせて上げましょう。自分は法定速度だから違反はしていない。だから譲る必要などない。など考えてはいけません。(細かい道交法などはちょっと脇においてください)

 

ガラガラなんだから追い上げて来た車が、左に車線変更して自分の車を避ければいいじゃん!なんて考えも捨てましょう。

 

はなから左から抜き去ろうという車であれば、前方車に加速している事を認識させれば自ら既に車線変更をして追い抜いていきます。

 

相手の心理だけを考える必要はありませんが、加速だけをしてくるドライバーの心理は「前方車は遅いからしりぞけ・譲れ!」という心理を働かせながら加速をしているので、自分は法定速度だから問題なしと思うとトラブルになります。

 

まずさっさと譲る。それも車間が詰まってから譲るのではなく、相当ゆとりをもって前もって譲っておく。そうするとグングン加速してきた車は危害を与えません。

 

混雑している高速道路の場合

空いていてガラガラの高速道路の場合は、譲ることがまずは第一前提。でも混雑している高速道路でも「煽る車」はよく遭遇します。

 

車間距離を一定にとって走行していても・また前方に車が数珠繋ぎになっていても「煽る車」は存在します。自分が譲った所で「煽っている車」にとって何も変化がなくても、譲ることをお奨めします。

 

状況的にはなぜこんな場面で「煽ろう」とするのか?急いだところで変化も無いのに・・と思われるかもしれませんが、相手の視線から外れる。そして譲るという行為は危険を回避します。

 

もちろん車線変更の場合も十分に気をつける必要はありますが、譲ると考えることです。負けたとか・自分が退いても数珠繋ぎには変化がないから退かないなど考える必要はありません。

 

市街地・山道・田舎道でノロノロ運転をしている

法定速度が!など言い出すと「煽り運転」から逃れる術はないので、ちょっと頭から離してくださいね。

片道1車線の山道で

流れに沿って運転しているなら仕方が無いのですが、自分が先頭走行で「数珠繋がりの渋滞が出来てしまった場合」は流れを自分が寸断している状況です。また片道1車線ということで、数珠繋がりの車の中にはイライラした人も出てきます。

 

なぜかこんな運転をしている人に限って「譲らない」そして周囲を凄く気にしていない。法定速度は法律ですから守ることは当然だと思いますが、法定速度にも満たず「ノロノロ」運転している人は要注意です。

 

ノロノロがダメだというのではなく「数珠繋がりの渋滞が出来てしまった場合」は、安全な場所に車を停止させ、まずは数珠繋がりの車を行かせてあげるという配慮も必要だと思います。

 

車の習性を考えると答えが出てくるのですが、車は高速道路や山道などある程度「グループ・所謂固まり」で移動していることはご存知だと思います。

 

もしゆっくり走りたいな・・と思えば自分から「固まり・グループから一旦外れ」て固まりが過ぎ去る・行かせてからマイペースで走れば気分も爽快ですよ。

住宅密集地などで

高速道路や市街地などは、煽り運転を回避することは比較的簡単だと思います。でも住宅密集地でも煽りというより「暴走運転」をする人もいます。

 

近くに公園があったり、住宅街の交差点があったりするのに、物凄く急いでいる人。この場合はハザードなどを付けて、脇に避ける仕草をみせてから道を譲りましょう。

 

なんだ全部道を譲っているだけでじゃな?と思われたはずですが、適切に道を譲るには「絶えず周囲の状況を判断しておかないと出来ません」

サイドミラー・バックミラーで周囲の状況を絶えず確認

暴力を振るう・高速道路で停止するなど他者の命を巻き添えにする行為は論外なのですが、思うに「煽り運転」や「煽られ運転」は道路状況によって千差万別でコレだからダメ!あれだったから良い!など一概にいえるものではありません。

 

しかしここでのテーマは煽られない運転方法を記事にしているわけですから、その答えとしては

サイドミラーとバックミラーで絶えず周囲に注意を払うことである。と言います。

煽ってくる車は冒頭でも申しましたが「退け!譲れ!」の気持ちが相手に強く出ているとするなら、さっさと譲ってあげるだけで危険は回避できます。

 

そして、自分が先頭走行で「数珠繋がりの渋滞が出来てしまった場合」は流れを自分が寸断している状況だと判断できるので「安全な場所で他車を先に行かせる」という判断にもサイドミラーとバックミラーで絶えず周囲に注意を払うことで回避できます。

 

煽り運転手には2種類あると思います。

  • 1つ目は最初から煽り運転手の場合
  • 2つ目は自分の運転がイライラを募らせ「煽り運転手に育ててしまう」場合もある

 

煽り運転を肯定しているわけではありませんし、テーマは煽られない運転方法ですから、なんども言うように「譲る」「譲る」「譲る」。

 

そして譲ったことを間違っても「負けた」など思わないで欲しいです。

オイル交換必須!「フューエルワンの効果」インジェクターも連続使用で徹底洗浄
添加剤「フューエルワン」 効果を説明するだけではなく洗浄部分と洗浄後の効果、そして使用後のオイル交換はなぜ必要なのか?いつ施工をすれば効果的か?効果が無い場合に考えられることはなにか?アイドリングが安定しない加速が遅い、症状別に説明していきます

コメント

テキストのコピーはできません。