カーバッテリーが弱くてセルが回らない?補充液不足だと劣化が早まるよ

車のメンテナンス

以前カナリやばかったです。バッテリーは高価ですから、注意不足で劣化を早めることを避けたいものです。

 

今回はMFバッテリーで慣れてしまった私が、通常バッテリーを使ったために、起こった出来事の記録です。皆様にも起こる可能性は十二分にあります!

自動車用のMFバッテリーとは

さてMFバッテリーと通常のバッテリーの違いをご存知でしょうか?ごく簡単に引用を使いながらご説明します。

MFバッテリーは2種類あります

MFバッテリーには2種類あります

・完全密閉型
完全に密閉されているため、液を補充する液栓やバッテリー内のガスを排気する排気口もないので素人には何もできませんし、する必要もありません。
・半密閉型
バッテリー内のガスを外へ出す排気口がありますが、蓋がされているためはずさない限りは密閉状態ですが、上部の蓋を外した場合は補水の必要が出てきます。

 

完全密閉式のMFバッテリーは補充液をメンテしなくても良いが・・

完全密閉式のMFバッテリーの場合は補充液のチェックは必要ありません。

しかし外観からバッテリーの劣化をしるために「インジゲーター」がありますので定期的なチェックは必要です

普通のカーバッテリーは

ただ現在でもMFバッテリーと普通にメンテナンスが必要になるカーバッテリーは混在している現状ですから、

 

ご自身のお車が、どのタイプのバッテリーなのか?を知っておく必要はあります

 

劣化を早めないタメに、バッテリー液の補充が必要になる

劣化を早めず、カーバッテリーを長く使うためにはバッテリー液の補充はメンテナンスとして必要です。

 

次にカーバッテリーが弱る理由をみていきます。

補充液がないと、カーバッテリーが弱る理由

カーバッテリーに限りませんが、補充液が少なくなるとか、なくなるとバッテリーの劣化が早まるには2つの理由があります。

電極がむき出しになり、蓄電能力が落ちる

まず1点目は

バッテリー内部の電極がむき出しになることで、蓄電能力が落ちることです

 

またバッテリー液は使えば自然と少なくなっていきます

電解液中の水分が電気分解し、酸素と水素になって水分が蒸発します

 

2点目は電極がむき出しになることで発生する

サルフェーション
経年によりバッテリー内部のセルに、硫酸塩が硬くこびり付いてしまう事です

この2つが同時進行的に発生します。

 

サルフェーションが大きくなると、内部抵抗値が大きくなり、蓄電能力が著しく低下します

こうなってくると、寿命が近いと考えられますが、内部抵抗を計測していくしか方法がありません。  車のバッテリー上がり・交換時期・寿命判断にはより引用

このような経緯になるのですが、

 

MFバッテリーを使う経験が長いと、通常のバッテリーのことを忘れてしまっていました

 

エンジンの掛かりが弱くなり劣化をしった

エンジンを掛けようとしたけどイグニッションの感じが違う?

いつものセルを回すようなパワーではなかった

バッテリー診断機で内部抵抗など測定

すぐにバッテリー診断機で計測をしてみたところ驚きの結果だった。

内部抵抗7.2 CCA コールドクランキングアンペア測定結果

健康度50% 充電容量 63%

この写真から読み取れることは内部抵抗は7.2mΩ。サルフェーションは起きていないと考えられるが、

CAAは

445CCAと計測され、新品時の622CCAより遥かに下回っている

 

なおかつ

・バッテリーの健康度も50%
・蓄電容量も63%

と結果が出ている。

この状態は正直ヤバイ

以前の計測などはコチラから

 

バッテリーが死に掛けていると測定される

さらにバッテリー診断機では「Replace」

蓄電能力もなく、劣化が進んだ、いつ死んでもおかしくない、ヤバメのバッテリーだよ!ということ

バッテリー交換を促す測定結果

どうしよう・・

ここでやっと気が付きました。MFバッテリー(メンテナンスフリー)ではなかったな?

弱ったバッテリーは液補充で蓄電能力が回復するか

そうと理解できれば

バッテリー液の減少が発生しているはずだと!
確認してみると!ローレベルまで液が減少している・・やってしまった。劣化を早めてしまいました。

さっそくバッテリー液を補充する

さっそくバッテリー液を購入して補充します。バッテリー液の補充で注意点は

アッパーベルまでにしておくことと、各セルに均等に入れるようにしてくださいね

 

バッテリー液が少なくなると

バッテリー内部のセルがむき出しになる

蓄電反応をさせる液体が少ないわけだから、サルフェーションは発生していなくとも、蓄電能力は落ちる!

 

補充液を足して計測結果

タイミングが良いのか?悪いのか?わからがディーラーにオイル交換をお願いしていたのでバッテリー診断をしてもらった。

 

結果は見事な回復ぶり!

・CCA(コールドクランキングアンペア)
・445CCA→502CCAに回復
・12.38V→12.721Vに回復
・蓄電能力63%→95%に回復
・健康度50%→74%に回復

この状況なら交換をせずにすみそう・・

しかしバッテリーにダメージを与えてしまったことは自分のミスだった・・

 

ディーラーのメカニックさんは「交換する数値ではないですよ」と言ってくれたが、不安が残るのも事実・・

蓄電出来るか様子をみる

補充液を足してから、まだ短距離しか走っていないので、上記の結果がもっと改善されるのかは不明でした。

 

皆様もMFバッテリーと通常バッテリーを勘違いしたり、自動車バッテリーはMFだろ?と思い込まずに一度は確認してくださいね!

 

最後に あれからバッテリーは回復したのか?

あの記事を書いてから時間が立ちましたが、交換することなく現在に至っております。

 

もしバッテリー診断や外出先でなっていれば・・と思うと余計な出費に悩まされていたと思います。

もしもの時にJAF加入は大切です

コメント

テキストのコピーはできません。