「タイヤチェーン装着義務化」は異常な降雪時だけだよ!でも備えは大事

車のメンテナンス

こんにちは「ぐちゃねっと」のGabunomiです。

 

タイヤチェーン装着義務化?

タイヤチェーン装着義務化と自動車パーツ販売店なども声高に宣伝していますが本当でしょうか?

異常な降雪があった場合のみ

国土交通省から以下引用です。上記は当該ページリンクです
http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_001105.html
規制対象区間のPDFリンク
http://www.mlit.go.jp/common/001264475.pdf

このうち、チェーン規制については、
・時期:大雪特別警報や大雪に対する緊急発表が行われるような異例の降雪時
※平成29年度は、大雪特別警報の発令はなく、大雪に対する緊急発表は3回。

 

場所:勾配の大きい峠部でこれまでに大規模な立ち往生などが発生した区間 を対象として、従来であれば通行止めとなる状況においてタイヤチェーン装着車のみ通行を可能とするものですが、現時点で、国土交通省と警察において調整しているチェーン規制区間は別紙のとおりですのでお知らせします。

 

   ⇒ 全国13区間(うち 直轄国道6区間、高速道路7区間)
 ○ 具体的な開始時期については、改めてお知らせいたします。
 ○ また、大雪が予想される2~3日前より通行止め実施の可能性がある旨について事前広報を行い、不要不急の外出を控えることや広域迂回、並びに物流車両の運行計画の見直しなどについて、地域住民や道路利用者に周知してまいります。

 

通行止めの区間が「チェーン装着者」は走行できる

上記のことから「チェーン装着車」は通行止め区間でも走行が出来るようになるとの事だが、一番の難点は「チェーン装着場所の確保」だろうと思う。

 

マイカーでスキー・スノーボードに遠征に行く人の多くは「チェーン」をお守りで持っている人も多いと思うけど都市部であれば本当にスタッドレスタイヤで十分に走行できる。

 

むしろ「雪無し県に在住している人」は、スタッドレスタイヤを履くことなんて知らない人も多いかもしれない。雪が少しでも降れば都市部では大渋滞が発生して都市機能がマヒする。

 

私達のように雪山に向う人からみれば「都市部はなんてザマなんだ…」と思うけど実際に雪山に行かない人は雪の経験がないもんだから仕方がない。

 

ただ雪有り県であっても「チェーン装着場」は今後大混雑が予想されるだろう。

 

 

規制がなくても持っておく

当然ですが、チェーンは命を守る大切なアイテムです。以前もこちらで記事にしておりますが、怖いからね~。

 

スタッドレスタイヤの過信は危険 タイヤチェーンは必ず車に準備しておく
冬の間はスタッドレスタイヤを装着するのは当たりまえですが、都市部の人間はタイヤチェーンや脱出用アイテムをどこまで真剣に考えているのか?最近のスタッドレスタイヤは高性能だと思うけど、やっぱりマイカーでスキー・スノーボードに遠征にいくなら必ず購入しておくべき。少しの坂道でもスタックしている車をよく見るのよ。

 

遠征で夜中に大雪が降るなどなれば「車単体」以外のアイテムも必要になる。

 

お守りで考える

だからタイヤチェーン規制には私は賛成だよ。ただどんな運用方法なのか?また装着場の大混雑が予想される為、お守りのチェーンが本当にお守りにならないように気をつけたい。

 

?お守りがお守り?その通り。購入はしたけど「装着方法がわからない」という人は必ず一定数は発生するはずだ。

 

ガレージなどで「装着」の手順を覚える

だから購入したら絶対に家の駐車場やガレージなど広い場所で人目を気にせずに「何度も何度も」練習するべき。

 

意外と簡単に思える「タイヤチェーン」だけど仕組みを理解していないと手間取ると思う。また現在は雪がない場所で練習出来ても当日は雪の中、いや豪雪の中で作業をしないといけないかもしれない。

 

お守りを購入したは良いけど「本当にお守り」にならないように使えるよう練習をしておくことは何よりも大切だろう。

 

5回はしたほうがいいよ

そう、時間を決めて素早くできるようになるために、5回は連続でしておくべきだろうと思う。私も練習をした。年に数回しかしないから「身体が忘れる・頭が忘れる」ものだ。

 

だけど人間不思議なもので「身体に染み付いた行動」は直ぐに思い出せる。だからそのレベルになるまでに「5回は最低必要」だと思うよって話。

 

夜中で豪雪だったりした場合に「チェーン」がどんどん雪で隠れることもあるわけで。だから手袋なども絶対に必要だしね。

 

パニックになったときこそ冷静に

パニックって別に特別なことが起きなくてもなるもんだ。例えば、いまのチェーンにしてもそう。夜中で豪雪でどんどん視界は悪くなる。

 

よし!チェーン装着だ!と車内で説明書を読んでいざ表へでる。寒い・暗い・凍える。そしてチェーンだろうとラバーだろうと「寒さでみるみるうちに硬くなる」

 

「上手く装着出来ない・雪が積もる・ダメだ!」となれば既にパニック状態です。だからパニックを防ぐには「練習をしておくほか方法はない」と断言できます。

 

練習してても「極悪な状況もあるわけ」でありまして。でも初めてする動作と何度か試している動作では行動も段取りも違いますからね!

 

スコップ(ショベル)と長靴など

自家用車でスキー・スノーボードに行くのは本当に楽しいけど、絶対に色々な小物は持参して欲しい

 

  • LED懐中電灯
  • 防水長靴
  • 脱出用ラダー
  • スコップ(ショベル)
  • 傘(豪雪作業時でもすこし楽になる)
  • 毛布

 

など色々必要にはなるよね。いや~必要ないよ!って人も中にはいると思う。だけどほんの些細なアイテムが命を救うこともあるから「少しずつで良いから揃える」気持ちは大切だと思う。

 

いずれにしても「タイヤチェーン装着義務化」は

 

場所:勾配の大きい峠部でこれまでに大規模な立ち往生などが発生した区間 を対象として、従来であれば通行止めとなる状況においてタイヤチェーン装着車のみ通行を可能とするもの

 

ものだから、取り付け動作に慣れておきましょう!勝手な予想だけど「チェーンが装着できずに」JAF呼ぶ人が多くなりそうな…たぶん違う意味で大混雑することでしょう!

 

お気をつけてくださいませ。

 

コメント

テキストのコピーはできません。