トリガーポイントで筋膜を開放する 腰痛・肩こり・骨盤などが本当に楽になる使い方

こんにちは「ぐちゃねっと」のGabunomiです。

スポンサーリンク

トリガーポイントというコロコロマシーン

トリガーポイントは体のコリを本当に治してくれます。腰痛や肩こり、骨盤の痛みなど毎日、筋膜リリースをしてあげるだけで次の日が驚くほど楽になりますので、絶対にオススメします。

使い方は手で体を支えない

自分の体重を使って、筋膜をリリースする(コリを取る)器具ですので、如何に自分の体重をトリガーポイントに伝えることが出来るが?がこの器具の生命線になってきます。

そのため、公式HPでされているような形ではなく、出来れば「肘」で体を支えるような体勢でトリガーポイントに体重をかけることでより一層の効果を生み出します。

最初は滅茶苦茶痛い場所があるが我慢する

マッサージになれている人や痛みよりもコリを取りたい人は、痛くても我慢できる人だと思います。逆に、痛みに耐えにくい人も中にはいると思います。

トリガーポイントの評価の別れ所は、痛みに耐える事で、その先に体が楽になるという成功体験をして貰わないと本当の評価は出てきません。

自重マシーンだから自分で調整ができてしまう

誰かにマッサージをしてもらう時や「接骨院」「整体師」に治療を受ける場合など、体を他人(先生)などに預けていますよね。ある意味、自分では調整できません。

しかし、自重マシーンであれば自分で痛みを緩和させようと、時には体を仰け反らせ、痛む場所に加重しないなど、コリを取るために使うはずの器具でありながら、まったく効果的な使いかたを理解していない人が中に出てきます。

トリガーポイントは痛みに対して加重を掛けていくほどコリが取れる

ぜひこの商品を購入した人や、購入予定の人はこの点を留意して使用してみてください。自分の体重をトリガーポイントに加重する。

注意点をもう一度

  • 痛みがある場所ほど、ゆっくりの動作で良いので自分の体重で加重する
  • 痛いからといって、その場所を避けたりしない
  • 体重がかけやすいように、手で支えるのではなく「肘」で体を支える

この3点を留意して使用してもらえると本当に色々な筋膜がリリースされるのが理解できると思います。

ゴリゴリ鳴って体のコリがわかる

全体重をうまくトリガーポイントに乗せることが出来るようになると、体のコリが酷い所から、「ゴリゴリ」「ボリボリ」と体内を巡るような音と、外部から聞いていても同様の音がなるのを聞くことができます。

安心してください その音が出るのは正しい使い方です

しかしこの音が出るのも、最初のコロコロを初めて少し立てば「音が鳴らなくなります」この状態になれば私は筋膜がリリースされたものとして自分の判断材料にしております。

お風呂あがりの就寝前に使う

私がもっとも使う時は風呂上りでお布団でゴロゴロしているときに多用します。といっても30分位、スマホをしながら体をトリガーポイントにあずけて「ゴリゴリ」しているだけ。

驚くほど終わったあとは体が楽になっており、1日の疲れが消し飛ぶかのような開放感にあふれてしまいます。

使う場所(面)でも効果が変る

この写真を見ていただければ判るように、凹凸が多い面や平面が多い箇所など、全面が同じ形をしていないことが理解してもらえると思います。

この凸凹を自分の体のコリに対して上手く使えば体の深部まで本当に楽になりますよ。

口コミなどでは評価がわかれるが

Amazon等の口コミをみてみますと、

  • 効果があった
  • 効果がない

などの評価が大きく分かれています。しかし何度も言うように、自重マシーンは如何にその器具に自分の体重を乗せていけるか?

またコリによる痛みがある場所に対して「自分で努力して痛みに耐えれるか?」がこの器具の評価の別れ所になります。

ヘルニアと診断されたが、この器具をつかって改善してきた

自分自身、首のヘルニアと診断されてから「はや10年以上」経ちます。左に振り向くのが本当に辛くて、首に異物が入っているかのような違和感がひたすらありました。

自分では左と右で首を横にする時に、右はなにも思わないのですが、左に向くときは、体ごと動かさないと無理なほど大変苦労してきた10年でした。

首のつまりが開放されてきて、楽に動くようになってきた

それがこの商品を購入してはや3ヶ月。毎日毎日痛いに耐えつつも、トリガーポイントに加重を掛け続け、首をゴリゴリしておりましたところ、最近では左右同じような首の振り方ができております。

首の中にあった「詰まり物」が取れたような感覚で本当に楽になったのです。

実は私も痛みから「逃げていました」だって痛いから

と偉そうに書いてきましたが、私も痛みからは逃げてきました。首は特に逃げてきました。でもある日、ふくらはぎやハムストリング、骨盤に上手く加重をかける事ができて「ゴリゴリ」出来た日がでました。

多分、トリガーポイントの使い方をやっと体が覚えたときだったのでしょう。そうなると、いままでのコリがなんだったんだ?という開放感を知ることが出来て

  • 安心して首にも使っていいのでは?

と自分で思うことが出来たのだと思います。

と云うわけで、使い方などの方法は公式HPや購入された後の説明書を見てもらって理解してもらえば良いと思いますが、私の失敗談というか効果的な使い方を知って欲しくて記事にしましたので最後に注意点をもう一度だけ

  • 痛みがある場所ほど、ゆっくりの動作で良いので自分の体重で加重する
  • 痛いからといって、その場所を避けたりしない
  • 体重がかけやすいように、手で支えるのではなく「肘」で体を支える

この3点に留意して毎日「ゴリゴリ」してみてください!では。

MTG 骨盤サポートチェア Style Athlete(スタイルアスリート) はAmazonでもベストセラーモデルになっていてて評価も口コミととても良い。しかし軽度の腰痛には効果があると思うけど重度の場合にはまったく効果がなかった事例もあわせてご紹介したい。
テキストのコピーはできません。