比較!プルームテック3種類を使用して1番良かった電子たばこデバイス

電子タバコ

この記事ではプルームテック全種類を使用して1番どれが良かったか?をご説明致しますが、結論から先に言うと「プルームテック・プラス」です。

 

ダラダラ記事は書きません。箇条書きでパパっと分り易くしておきます。あと一応全種類の特徴や注意点はリンクを貼っておきますので、そちらでご覧ください!

 

1番買いだと思った理由

プルームテック・プラスのリンク

・納得できるバイパーと吸い込み力(昼休みに力を発揮!)
プルームテックプラスの+10℃がとんでもない理由で採用されたワケ!

・液体リキッドで長持ち感がある
・バッテリー持続時間との兼ね合い


購入前に知っておく点

・マウスピースは必須・液体リキッドが漏れる可能性
プルームテックプラスにマウスピースは絶対必要!水洗いメンテでコスト削減?

 

プルームテックの購入を考えている人は

プルームテックのリンク

・プルームテックの評価レビューなどは「気楽に吸える!」なところ
プルームテック無臭すぎ!リビングで吸える気軽さが再評価されそうな予感!

 


購入前に知っておく点

全機種共通事項読むとバランス設定がわかりやすい!
新型プルームテックプラスの充電時間と頻度をバッテリー容量から比べてみる

・吸い応えを求めすぎない点くらいかな?

プルームSの購入を考えている人は

プルームSのリンク

・プルームSの評価レビューは「IQOS/グロー」より匂いを抑えたこと
新型プルームSを入手!グロー・IQOSに勝てる!?匂いを抑えた加熱デバイス

 


購入前に知っておく点

全機種共通事項読むとバランス設定がわかりやすい!
新型プルームテックプラスの充電時間と頻度をバッテリー容量から比べてみる

・本物のタバコだけど紙タバコとは違うことを知っておくこと程度かな?

・純度99% 濃度は最大の10%を実現
・セット料金5,400円が今なら無料0円!

・ニコチン含有 0mg
・不良品・不具合などにも即座に対応
・リキッドは合計4種類(すべて検査ずみ)
・低価格を実現!

コメント

テキストのコピーはできません。