進化版apeman a66s を購入したので徹底レビュー 初代a66の方が良い?

アクションカメラ(ツール)

apeman a66の正常進化版のa66sの簡単なレビューになります。使ってみた感じは「がっかり」した部分もあるし「良くなった点もある」でした。キチンとレビューしていきます。

 

a66sを追加購入してみた

ジャム勝に行こうか?と思ったとき、アクションカメラでスキー動画を取りたいというので。昨日、a66sを追加購入してみました。家には2台の「初代モデルa66」と「新型a66s」の3台体勢になりました。

 

「APEMAN a66」の評価は名機です

アクションカメラ「APEMAN a66」は名機!2019年でも買いと評価!

パッケージは箱になりました

パッケージは横長の箱になりました。バコードや製品型番の部分は消していますので、白くなっていますが、こんな箱に入って届きました。

 

説明書やシールなどはa66のものを使っている?

いつかの時点で切り替えが行われるのだろうが、現時点で購入したものはa66の説明書などを使用しているようだ

少し可笑しな日本語で翻訳されているが、意味は理解できる(笑)

実際の中身は?

少し、防水ケースの形状が初代より変化したが、こちらの方が格好が良いと思う。

性能はどうなったのか?

ここからが本題に入るであろう事柄ですが、正直少しがっかりした。

バッテリー問題はどうだろうか?

まずアクションカメラなのでバッテリーの持ちはどうだ?という不安が一番にきます。初代モデルと同じくバッテリー容量は

  • 1050mahと変化は無し
  • 画面は2インチになったが迷走電流?などもなく
  • スキーなどの寒い環境でも2時間は使えた

とバッテリー問題は問題がありませんでした。

ワンシーズン使うと、寒い日になればなるほど「APEMAN a66」とのバッテリーの持ちが顕著に現れてきました

画質はどうだ?綺麗に写るのか?

画質についても個人的には初代a66と変わりなく、良い意味で変化がなかったのでこちらとしてもまったく問題がありません。

 

倍速機能が劣化していた!8倍速などが出来ない

正直、がっかりしたのはこの点でした。初代のa66は早送りも巻き戻しも8倍速が出来ました。これって何気に実は滅茶苦茶便利でして。

 

スキーのお宿で家族でワイワイと見る時にササ!と当該の場所までいける訳です。それが正常進化版のa66sでは2倍速までしかできませんでした。

  • 初代a66は巻き戻し・早送りともに8倍速まで出来た
  • 進化版a66sはどちらも2倍速までしか出来ない

最初はなぜ出来ないのか不思議でしたし、検証を少し重ねて記事しましたが、この点は本当にがっかりでした。

ファイルが細切れに録画される

この点は良いのか悪いのかわかりません。初代a66は録画ボタンを押せば1つのファイルとして電源OFFまで記録されデータ量は膨れ上がります。

 

しかし正常進化a66sは5分毎に1ファイルとしてマイクロSDカードに記録されます。もっと簡単にいうと

  • 初代a66が20分録画をすれば「1ファイル」で記録される
  • 正常進化a66sは20分録画をすれば「4ファイル」が出来上がる

とこのようなファイル保存方法になりました。

 

本体分に標準1個とあわせれば合計4個で運用できるから、旅でも問題なく使用できます!もちろん「a66s」との互換相性も問題なく評価も良い。(私は昔の2個モデルを購入したので羨ましいです)

キャプチャーで探していく方法がa66sの使い方か?

使い方の慣れだとは思いますが、悪い考えばかりではないのですが今一しっくりときません。

 

確かに、a66でなんらかのバグが発生し録画をしていたにも関わらず、貴重な動画が取れていない場合は電源を切るまで、正常な録画になっていないことも十分に考えられます。

 

正常進化版a66sが5分で1ファイルを強制的に作成する仕様になったのは、

 

  • 細切れファイルにすることで「動画ファイルの破壊を防ぐ」
  • 5分毎に1ファイルにしたため、早送りで当該場面を探すのではなく
  • キャプチャーで探す仕様に変更した

 

と考えておかしくはありません。でもな~私的には早送りの方がよかったよ。

キャプチャーで探すのは結構面倒だから

早送りで動画をすすめるメリットは早送りといえども、その場面が頭に蘇るから。でもキャプチャーで探すのはイメージや記憶の蘇りが少なくて探す手間がけっこう掛かる。

 

使い方や意図を考えれば「正常進化」ともいえるだろうけど、私にはガッカリの仕様変更だった。宿で動画を見ながら「寝落ちが出来なくなった」のはちょっと残念だったのです(笑)

 

正常進化版a66sの良い点

本体からTVに出力や本体側画面で早送り・巻き戻しをするにあたり2倍速までという仕様変更はあったものの、良い点もあります。

2インチ画面にため本当に確認がしやすくなった

あまり動画確認は頻繁にしないけど、初代の場合は画面で確認といっても「正常に動画が取れているか?」を確認程度にしかできなかった。

 

しかし、正常進化版a66sでは2インチ画面になったことで、確認作業だけでなく動画鑑賞をするにも見れるレベルまでになったのは非常に良い点だと思いました。

 

確かにこれもバッテリーがキッチリ持っての感想でして、ワンシーズン使うと・・バッテリーも何個も持参しているので、たまたまという事が少なく思えてきまして・・

バッテリー残量の目盛りが「3段階から4段階に!」

こちらの変更点も良い点だと思います。以前は3段階のバッテリー残量の目盛りが4段階と1段階増えたので、バッテリー管理がし易くなりました。

 

既に購入して何日か使用しておりますが、私の感覚で申し訳ありませんが

  • 50%まで目盛りが減るのは速い(2目盛り無くなる)と感じました

 

この時「あちゃ~やっぱり2インチ画面が足を引っ張るのかな?」と正直思ったのですが、そこからのバッテリー持ちが長い。

 

何日か特性を判断するためにも使用しました結果が、50%までは目盛り減が速いことに気が付きました。ゲレンデで初代と同じように使用して2時間もちましたので問題は無いはずです。

 

外出・旅先利用で必要なアイテム

急速デュアル充電器も必需品。ゲレンデには多くの人が最低4時間は滑ると思う!この商品は互換バッテリーだけど、この価格でバッテリー3個も付く!

 

本体分に標準1個とあわせれば合計4個で運用できるから、旅でも問題なく使用できます!もちろん「a66s」との互換相性も問題なく評価も良い。(私は昔の2個モデルを購入したので羨ましいです)

 

バッテリーは思っている以上に必要です。1日中録画動作を約束したいのなら、a66のバッテリー交換を昼休憩にすれば安心な運用が出来ますよ!私もそのような運用方法です

 

宿のTVで試写会をするなら必ず必要です

 

apeman本体はミニHDMI接続だから、TV画面で見るには「MINI-HDMIケーブル」が絶対に必要

 

まとめ

と以上が

  • 初代a66
  • 正常進化版a66s

の大きな違いになります。40m防水ケースなどの意匠も少し変化しておりますが、アクションカメラに求められることは「バッテリー駆動時間」です。

 

この点は問題がなかったので、キャプチャーで探すことは慣れるしかないようです。またもう少し使っていって、詳しくレビューしてみます。

 

apemanというアクションカメラ「a66」を使って激安最高だった
寒い時期にバッテリー駆動時間が本当に2時間もあるのか気になっていた、APEMAN a66だけど通常の気温とは比べ物にならない状況下でこの性能は実に素晴らしい。新型のa66sの性能UPにも気になるところだが、基本性能が高いのにこの価格とは驚きだ

コメント

テキストのコピーはできません。