アクションカメラ apeman a66を使ってa66sとの違い 評価は最高

こんにちは「ぐちゃねっと」のGabunomiです。

アクションカメラ apeman a66のレビュー記事です。「最新のa66s」との比較も記事にしていますので安心してください。

正常進化版のa66sだが、初代もかなり良い点があったのは事実です。新たに購入してみてのレビューになりますが、使うひとによっては初代a66の方が良かったと思う人もいると思います。まぁ慣れと言えば慣れなので、不満ではないのですが少しガッカリしたのも正直ありました。

スポンサーリンク

激安 apeman a66 スペック

スペックなどは必要がないと思うけど、かるくだけ。

  • 専用防水ケースにいれれば水深30mまでOK
  • フルHD動画
  • 1080p@30fpsモードで2時間の撮影OK

との事だった。4000円を切るような激安だったので2017年にAmazonで購入した。現在もバリバリ使用できています。コスパ最強です。

apeman a66の付属品一覧

実際の大きさ比較 a66とa66sの違いは

タバコと大きさを比較するapeman a66

こちらは前モデルのa66の大きさ。タバコのサイズと比較してもらってもかなり小さい事が確認できる。

「横60mm」x「高さ42mm」x「幅25mm」と前モデルa66も新型a66sも大きさに違いはない。

接続端子やSDカード入れの場所

apeman a66 SDカード挿入場所

画像の大きさ比較

apeman a66の1.5インチ画像とa66Sの2インチ画像比較

少々わかり難い画像で申し訳ないが、かなり大きさの違いを感じる。すぐさま確認したいときには圧倒的に2インチが良いなと思うのは確か!

付属品が沢山ある

付属品は写真のように本当に沢山ある。どれをどのように使うのかさえも実は良く判らない。説明書もそんな事は記載なし(笑)

でもこのような商品はアイデアで使うものだからこれでいいのかもね。

apemanの新型は「a66s」細かい点がグレードアップしている

「2018年10月5日」に最新モデルが発表された。私が購入したのは「2016年モデルのa66」2016年~2018年とこの手の商品では長く販売されたモデルになる。

それだけコストパフォーマンスが高いモデルだった証拠だ。a66の後継機種の「a66s」のスペックはいかほどの進化を遂げているのか?

スペックとして変更点は

  • 写真画質が12MP→14MPに進化
  • 動画コーデックがH.264形式で高画質・高圧縮で保存できる
  • 本体ディスプレイが1.5インチ→2インチに拡大
  • 防水ケースの耐水圧が30M→40Mまでに上昇
  • バッテリー容量は変らず1050mAh

となっている。価格は以前と変らないようだからかなりお得だろう。進化という点では正常進化を遂げたようだ。

この「前apeman a66」は本当に性能が高かったので「新型のa66s」も性能は相当高いと推察できる。前モデルのa66があまりにもベストバイだったわけでその流れは変らないだろう。

ただ少し気になるところは「ディスプレイが1.5インチから2インチ」になっている事だ。というのも関連記事もでているので見てほしいが私は「前モデルのa66にWI-FI機能搭載機」を購入した経緯がある。

その機種もディスプレイが2インチであった。しかしWI-FI機能をOFFにしてもバッテリー持続時間が公表値とは違いかなり短時間だった経験がある。(30分も起動できなかった)

夏場では問題なく2時間以上の起動が出来ていたから、寒さに弱かった事が考えられる。

ノーマルa66と「a66+WI-FI+2インチモデル」の違いとしては

  • WI-FIチップを搭載していた事
  • 寒さによりチップの迷走電流がどこかに流れていたのではないか?
  • 1.5インチよりも大型の2インチを搭載していたこと
  • これらの事が複合的に合わさり、寒い場所では駆動時間が大幅に落ちた

と考えられる。悪条件なので一概には言えないが「新型のa66sのディスプレイが2インチ」という大きさが少し気になる。

多分現在は改良され、更なる高性能になっているだろうから心配は無いと思うが…もし新型でバッテリー容量が1050mAhから増えていればまったく気にしなかったのだが。

とにかく「a66」の後継機だから失敗はないだろう。引き続き「前モデルのa66」の悪条条件下での本当の実力を見ていこう。たぶんa66sも同じ様に使えるはずだ

バッテリー駆動時間 「APEMAN a66」

私はスキー・スノーボードなどの雪山でその真価を問いたかった。本当にマイナス10℃の気温になるゲレンデという特殊な場所でメーカー公表値のバッテリー2時間駆動は本当なのか?

とにかくこの点が大切だった。以下、説明も書きながらレビューしていきます。

早速ですが本当にビックリした。2時間以上持ちました寒いゲレンデのなかで2時間以上もつというのがこんなに凄いとは思わなかった。

ゲレンデの動画写真(相当圧縮してUPしております)

バッテリーは気温が下がれば性能が落ちるのは当然だが

バッテリーは気温が下がれば能力は著しく低下する。先日もバッテリーの内部抵抗を記事にしたけどCCA(コールドクランキングアンペア)と言うくらい、寒い時が一番バッテリー能力を左右する。

ゲレンデは寒い。当たり前だが寒い。しかも使い方は「防水ケースなし」のほぼ外気温と同じ状況でこの駆動時間!この安物のアクションカメラを正直凄いと思いました!

microSDカード 32GBも認識

こちらも当時の東芝製の安い32GBを挿してみたけど、問題なく認識した。書き込み遅延もないし、なにも問題がない。なぜこれ程安いのか?正直びっくりした。

128GBのmicroSDカードも認識できるようだけど、書き込み遅延が発生するのは避けたかったし、この容量でも十分な時間を録画できるから問題なかった。

小まめにPCなどに動画を取り込む方が絶対によいと思う。microSDカードも何かの不具合で溜め込んだ動画が見れなくなる事もあるから。

中国製も性能がいいね

いや本当に何も言う事がない程性能が良かった。画像は少し青み掛かっていると言えばそうだけど、なんていうのかとても使いやすい。スキーシーズンやアウトドア専用の使用と考えれば最高のアイテム!

記録として残しガンガン使う 耐久性もある

この「apeman a66」の使い方としては、人生でかなり大切な思い出に残すような場面で使うのは少し違うかな?というのが本音。例えば「新婚旅行」なんて所で使うのは勇気がいる。

人生最大のイベント等の思い出シーンは確実に動く高級製品がいいと思います(笑)二度と行けなさそうな場所で「メイン使いとしては怖い。そんな場所は高級製品の方が安心」するという意味です。

そんな訳だからアクションカメラで思い出のシーンを撮るなら高級な「GO-PRO」などの方が良いだろう。激安アクションカメラはガンガン使ってこそ、その真価を発揮すると私は思っている(笑)

画面も1.5インチから2インチへ進化したa66sだが

前モデルのa66はディスプレイは1.5インチだから本体強度は2インチモデルよりは高いと考えられる。

スキーやアウトドアでは美しい動画が撮れることも大事だが「耐久性」と「駆動時間」が本当に大事だと思う。30分も持たないアクションカメラは何の役にもたたないから!

また、スキーでは突発的に転ぶこともある。その時は「apeman a66」にも衝撃が走る。しかし今までその様な状態になっても壊れずシーズンを終える事ができた事は感謝している。

スキー・スノーボードをしている人ならわかると思うが、転ぶだけでなく雪面から体には絶えず激しい振動が発生してる。にも関わらずガンガン使うことが出来たことは素晴らしい。

意外と小さな本体には1.5インチと2インチの違いは強度面で大きいと勝手な想像をしている。

バッテリーの蓋を簡単にとるコツなど

バッテリーの蓋がうまくセット出来なかった事は無いだろうか?なかなか方向性がわかりにくいカバーだから、意外と間違った使い方をしている人もいるかも?と思って追記してみた。

バッテリーカバーの方向性がある

バッテリーカバーだから方向性があるのは当然なんだが、少し良くわからない時がある。反対にセットしてもバッテリーカバーが浮いたりしているだけで一応セット出来たように見える。

画像で説明しますので上手く行かない人は見てもらえれば良いかも

apeman a66 バッテリーカバーの装着手順

カバーのツメが下に来るようにします。

正しいapeman a66 バッテリーカバーの装着写真

当然ですがうまくはまります。

間違ったバッテリーカバーの装着例

間違ったapeman a66 バッテリーカバーの装着手順

先ほどのカバーを反対にして装着するとバッテリーカバーは一応閉まりますが、脱着のツメがおかしな感じになりますので気をつけて下さい。

これだけですが、バッテリーを落とさない為にも大切だと思います。

バッテリーカバーはなかなか外せないので帯を出しておくと簡単

apemanのバッテリーカバーが中々外せない。そんな時はバッテリーの帯を出しておけば簡単にとれます。

バッテリーを簡単に取り出す方法

脱着のツメをスライドさせて帯を引くと簡単にカバーが外れますよ。

ワンシーズンで壊れてもいい そう思って購入したが

ワンシーズンでどうせ壊れるだろうね!なんて思っていましたがまったくまったく。昨シーズンはかなり滑りにいきました。もちろんコブで転ぶことも多々あり。

そんな事を考えると相当タフな商品なのか?ワンシーズンでダメだろうと思っていましたが、良い意味で裏切られました。

もちろん雨の日・吹雪いた日・とても寒かった日など過酷な状況での使用になります。スキーの使用時では「専用の防水ケース」には入れておりません。その理由は…

防水ケースにいれると音声が

これは当たり前なのですが、防水ケースにいれると音声はほとんど入りません。当たり前ですよね。水が入らないように頑丈なケースなので予想通り音声は入りませんでした。

専用防水ケースにいれると、家族との会話も録音出来ないのでとても残念になります。なんとか音声が入り、かつ両手がいつもフリーで使える状況にしたかった。

自撮り棒は使いたくない 両手フリーで自動撮影を

ゲレンデでよく見かける「自撮り棒」での撮影。この行為がとても怖いと思うのは私だけだろうか?スキーならストックが1本無いし、スノボにしてもバランスが難しいはず。

アクションカメラは撮る事も大事だけど、自然な動作の中に動画撮影があるように私はしたかった。また転んだ時にどこかに自撮り棒がぶっ飛んでいく可能性もあるわけで。

動画撮影ばかり気になって「誰かと衝突」など事故を起こさないためにも動画の事はわすれて自動撮影をしている状態にしておきたかった。その為に実は色々工作しましたが、結局は…

ヘルメットに装着も少し…

となるとヘルメットに装着が考えられる。これはとても便利だろうと思ったけど動作確認ランプが高級モデルと違って本体にしかない。

いちいち確認するのは面倒だし、スキーの手袋は大きいから小さな作業はとても苦手だ。だから一度電源をONにしたら、昼休憩までは付けっぱなしにしておきたかった。

ウェア 胸パスケースに入れてみた

apeman a66 は小さいので胸のパスケースいれに入れた。アウトドアで使うには良い

そこで色々考えた結果この写真右上のパスケース内に入れてみたらバッチリだった。ウェアは当該商品ではないけどこれで「雨・雪・吹雪」にも一応の保護は出来るようになった。

ウェアを買う人や胸パスが標準で付いている人は、ここに入れてみると、とても良い具合になりますよ。滑っていても体が正面を向くので被写体を考えることなく撮影が出来る!

そしてこの状況は、ほぼ外気温の稼動状況になる「apeman a66」が如何に凄い状況で2時間以上のバッテリー駆動が出来ているかを理解して頂けたと思う。

暖かい時期はバッテリーで動かす商品は「メーカー公表時間程度には起動する」本当の実力は寒いときの駆動時間だ!

カメラもちょうど良い高さだった

胸パスケースに入れることで滑る動画を撮るにしても、家族と話をしていても、とても良い高さになった。

しいて注意点を上げるとすれば、雨や雪などはレンズ突起部にあたるので水滴がなかなか取れない。この場合は手で払ってあげる必要があるくらいかな?

画質は相当良いと思う

下は実際の動画キャプチャ。かなり圧縮しているが相当綺麗だ。動画キャプチャーから圧縮してこの画像ですからかなり良いですよ。

晴天時

apeman a66 晴天時の動画写真

雪の風景

apeman a66 雪の動画写真

曇り空

apeman a66 曇り空の動画写真

雨がレンズ突起部に

apeman a66 雨の動画写真

上の画像はかなり圧縮をしているので参考程度でお願いします。このアクションカメラを使い家族で撮り合いっこをすると、自分の滑りを見る事ができて上達にすごく貢献してくれている

子供のレッスンにも使えるし動画鑑賞も楽しい

子供のレッスンにも使え、滑り終わった後は動画鑑賞を宿でする。家族でワイワイ言いながら見ると、とても楽しよ。今年の冬はぜひ使って欲しいアイテムと思う。

自宅や宿で快適に動画を撮る・見るなら

アクションカメラは必需品だけど、付属品もそろえておいて欲しい。ここまで購入しても安すぎてコスパ最強です

こちらは新型モデル a66s

最強モデルのapeman a66s 絶対に買いだと思います。

外出・旅先利用で必要なアイテム

急速デュアル充電器も必需品。ゲレンデには多くの人が最低4時間は滑ると思う!この商品は互換バッテリーだけど、この価格でバッテリー3個も付く!

本体分に標準1個とあわせれば合計4個で運用できるから、旅でも問題なく使用できます!もちろん「a66s」との互換相性も問題なく評価も良い。(私は昔の2個モデルを購入したので羨ましいです)

バッテリーは思っている以上に必要です。1日中録画動作を約束したいのなら、a66のバッテリー交換を昼休憩にすれば安心な運用が出来ますよ!私もそのような運用方法です

宿のTVで試写会をするなら必ず必要です

アペマン本体はミニHDMI接続だから、TV画面で見るには「MINI-HDMIケーブル」が絶対に必要

まとめ

わたしはとても良い製品だったので、もう一個追加購入を後日してしまったくらいです。(2017年当時)この3アイテムを購入すればa66は外部出力が出来るので宿のTVで動画鑑賞ができます。ケーブルだけは特に忘れないでね。

正常進化版のa66sだが、初代もかなり良い点があったのは事実です。新たに購入してみてのレビューになりますが、使うひとによっては初代a66の方が良かったと思う人もいると思います。まぁ慣れと言えば慣れなので、不満ではないのですが少しガッカリしたのも正直ありました。

apeman[a66s]にも使えるバッテリーがかなり増えすぎた。まぁ2台運用なら多いほうではないと思うけど、当時購入したデュアル充電器がなければこれ程まで快適に運用は出来なかっただろうと断言できる。ただし中国製のバッテリーだから気をつけている事もある。
テキストのコピーはできません。